POG放談
for SmartPhone

≪放談メンバー紹介ページへ≫

多分たまたま

放談I 桜花賞が終わりました。率直な感想をお願いします

放談A チューリップ賞後の放談で『桜花賞はソダシ、サトノレイナス、アカイトリノムスメ、ファインルージュ、ソングラインの5択で問題ない』と言ったけど、その内4頭で1~4着。予想したとおりの極めて順当な結果だったかな

放談I その中でも放談関連馬アカイトリノムスメは4着でしたが…

放談A 結果はともかく、初の右回りや関西圏への輸送を考えれば十分頑張っていたと思うよ。次は3戦3勝の東京。距離延長も問題なさそうだし、今度は勝ち負けを期待したいね

放談O 現時点ではアカイトリノムスメがオークスの本命だな

放談I それでは3歳戦の展望をサクっと始めましょうか。まずは土曜中山。9Rは山藤賞です

放談O 前走不利あったゲンパチリベロ

放談A 俺はカレンレベンティス。前走は勝ち馬を筆頭に相手が強過ぎた。不良馬場の新馬戦を快勝したように、コース変わりはプラスで雨予報もプラス

放談I 続いて阪神いきましょう。11RにはNHKマイルCトライアルのアーリントンCがありますね

放談O ジャスティンカフェは極悪馬場で楽勝して高速馬場のスローでも好走した馬。土曜の阪神はたぶん道悪だから道悪適性も魅力だけど、単純に能力が高いと思う

放談A 俺はサトノラムセスから。前走が鮮やか過ぎて嫌な感じだけど、多分本来はキレッキレのタイプではないはず。だから道悪は問題なしと勝手に判断。3戦3連対の阪神コースでこの相手なら

放談I 土曜最後は新潟。10Rは雪うさぎ賞。芝1200mです

放談O カラパタールは新潟1400mの新馬戦ですっごいスピードを見せた馬。1200mなら押し切れる

放談A 一応ヒトヨギリ。前走は出遅れが全て。スタート決めれば

放談I それでは日曜いきますか。注目どころは皐月賞ぐらいですかね?

放談T 俺のヴァリアメンテが阪神に出るぞ

放談I ??? それでは皐月賞の展望を始めましょう。放談関連馬からは直属の先輩のドラ1ヨーホーレイクが出走します

放談O 本命はエフフォーリア

放談I 聞いてました? 先輩のドラ1が出るんですよ?

放談O エフフォーリアは百日草特別の展望でも「強い」と言ったはず。だから本命

放談A Iは?

放談I 僕はラーゴムから勝負します。中間を見ると、ようやく気性面の成長が感じられて心身が噛み合ってきた印象。追い込んできた2頭を早め先頭から凌いだ前走内容も良く、一気のGI制覇の期待が高まります

放談A ラーゴムは折り合い重視の追い切りを重ねているから評価の難しいところだね。きさらぎ賞以来ってことを考えれば、もう少し攻めてほしかったような気もするけど

放談I 抜群のレースセンスで3連勝中のエフフォーリアが対抗。1戦ごとにパフォーマンスが上がっている点も見逃せません

放談A うんうん。そんなエフフォーリアと差のない競馬をしてるんだから、うちのレインフロムヘヴンもなかなか強いよね

放談I そして一発の魅力に期待するのが直属の先輩のドラ1ヨーホーレイク。とにかく終いは堅実な馬。前がやり合って崩れる流れになれば

放談A やり合う流れにはならないでしょ。例えばタイトルホルダーなんて完全にスロー逃げを狙ってると思うよ

放談I はいはい。じゃあAさんは?

放談A ◎エフフォーリア○ダノンザキッド▲ステラヴェローチェ△ヨーホーレイク、ディープモンスター、ヴィクティファルス。◎○▲に関しては特に差はナシ。馬場悪化が進めば▲本命でもいいくらい。馬券は買う予定だけど、ここで挙げた馬以外は多分1円も買わない

放談I それでは今週も2歳馬トークを始めましょうか。今週からクラブ別のオススメ馬を紹介していきます

放談A 1発目はやっぱりサンデーレーシング? それとも例年通りにキャロット?

放談I いえ、今年はシルクホースクラブでいきたいと思います

放談A ………

放談I 不満そうな顔ですね。何か問題でも?

放談A いや、去年も言ったけど、シルクはコネもないし、POGで指名したことないし。担当外だから全くわからないのよね

放談I なるほどなるほど。ではまず、我々が昨年どんな馬を推奨したのか振り返ってみましょうか

放談A 絶対悲惨なことになってんだろな

放談I まずはOさんが2頭でしたね。テオリス(3戦0勝)とモデュロール(4戦0勝)。2頭合わせて【0.0.0.7】。紛うことなき0点です!!

放談O 一昨年はサリオスとラウダシオンだけどな

放談I そんな大昔のことは知りません。とにかく去年は0点です!!!

放談O 去年は実質モーリス産駒しか調べてないから、そこに当たりがいないとどうしようもないね

放談I 言い訳は結構です。ちなみに僕の推奨馬はゾディアックサイン(4戦1勝)、ヒーズオールザット(1戦0勝)、ローウェル(3戦1勝)の3頭。ヒーズオールザットの未勝利は誤算でしたが、他2頭は早々に1勝を挙げ、上のクラスでも通用しそうな素質を見せています。厳しく見ても50点といったところでしょうか

放談A ん? ローウェルが勝ち上がったのってたしか先月じゃなかったっけ?

放談I はいはい。そしてオーラスはAさんですね。こちらは2頭推奨しましたが、ヴァイスメテオール(3戦2勝)とピクシーナイト(3戦2勝)

放談A ……マジ?

放談I マジです。これが証拠です。お見事です

放談A そうかそうか。やっぱりそうなのね。自分でも最近馬を見る目が肥えてきたなと思ってたんだよ。いや、というより馬を見る目は元々あった。ただ、イイものをイイと素直に言えない自分がそこにいた。そんな自分の殻を破っ…

放談I そんなことよりシルクにモーリス産駒の大当たり(ピクシーナイト)がいたじゃないですか!!!

放談O きょ、去年は実質モーリス産駒の牡馬しか調べてないから、し、仕方ないね

放談I ……ピクシーナイトって牡馬ですけど

放談O ……ごめんなさい

放談I それでは時間も限られていますので、そろそろ今年のシルクのオススメを紹介していきましょうか。まずは0点のOさんから

放談O 宮田厩舎のエピファニー(牡・エピファネイア×ルールブリタニア)。エピファネイア×ディープインパクトで、サドラークロスがあるのはアリストテレスやオーソクレースと同じ。エピファネイア産駒の牡馬の必勝パターンのような気がする

放談I 他には?

放談O 以上です

放談I それでは僕のオススメを紹介していきますね。まずは堀厩舎のコリエンテス(牡・ディープインパクト×イスパニダ)

放談A ああ、やっぱり

放談I 何か問題でも?

放談A 見る人が見ればコリエンテスがシルクの目玉商品ってのはすぐわかるのよ。問題は何の恥じらいもなくその馬を推せるかどうかで。で、Iなら何も考えずに推奨してくるんじゃないかと思ったら…

放談I Aさん、そんなに僕を褒めても何も出ませんよ

放談A いや、褒めてはないけども

放談I このコリエンテスですが、すでに14秒-14秒を楽々と消化。早期移動も視野に入っています。冬毛が抜けてからは課題だった筋肉量も徐々に増加。今年に入ってから顕著なパワーアップを見せており、確実に走ってきそうな1頭だと思われます

放談A まあ現時点でダメな要素は何もないよね。あくまでも現時点の話だけど、これで走らないわけがないって感じ

放談I 続いて安田隆厩舎のクラシックステップ(牡・モーリス×レッドジゼル)。筋肉質の馬体が非常に目立つ1頭ですね。精神面の成長が課題の馬ですが、近親にレッドアンシェルらがいるアベレージの高い一族。楽しみです

放談A モーリスはよくわからん。コメントのしようがない

放談I 最後は穴狙い。斉藤崇厩舎のブラックブロッサム(牡・キタサンブラック×ポーレン)です

放談A 母ポーレンって、Oさんの弟じゃん(笑)

放談I Oさん?

放談A 半兄のトレジャーハンターはOさんの元指名馬だよ

放談I ちょっと何言ってるのかわかりませんが、父は現2歳世代が初年度産駒となるキタサンブラック。この馬は父譲りの好馬体とパワフルな動きが楽しみな1頭です。もう少し中身が整ってくれば面白い存在になるのではないでしょうか

放談A キタサンブラックの父はブラックタイドだよね? ブラックタイド産駒って見栄えのいい馬が本当に多くて俺も度々騙されているのよ。で、おそらくキタサンブラックも“見栄えは◎”という馬を量産するはず

放談I それが何か?

放談A ブラックブロッサムの事を言ってるわけじゃないけど、好馬体のキタサンブラック産駒なんてまずは疑ってかかった方がいいかも。というか、好馬体をプラス要素にはしない方がいい

放談I はいはい。最後はAさんお願いします

放談A しかしシルクも凄いよね。今年のラインナップだって、単純な牝系の質だけを見たらサンデーレーシングに迫るものもあるんじゃないの?

放談I それがわかっているのにシルクの馬は指名しないと?

放談A そうだねえ。少なくともあと数年は抗いたいよね

放談I 抗うのは勝手ですけど、そろそろ推奨馬を教えてください

放談A まずは穴っぽいところで黒岩厩舎のエフジーノット(牡・ドゥラメンテ×コケレール)かな。ちょっとデカすぎるし、徐々にドゥラメンテ産駒の悪いところも出てきてるから怪しくなってきたけど

放談I Aさん、今は推奨馬を挙げるコーナーでディスるところではありませんよ

放談A いや、でも坂路を登板している動きなんか見るとかなり可能性はある馬だと思うよ。偉そうに言わせてもらえば、素材は良質だからあとは料理する側の腕次第。上手く育てればレインフロムヘヴンに近い活躍を期待できるかもしれない。いや、やっぱりそれは言い過ぎか

放談I 言い過ぎではないですし、そもそもあまりアチチでもないです

放談A まあ気性の怪しさを良い方向に向けつつ、もう少し体に締りが出てきたら結構いい活躍をしてくれるんじゃないかなって感じ

放談I 他には?

放談A 奥村豊厩舎のピースオブエイト(牡・スクリーンヒーロー×トレジャーステイト)かな

放談I それも穴っぽい感じですね

放談A 正直大物感のあるタイプではないけど、母にあった難しさがない点は好感。あんまりスクリーンヒーロー産駒っぽくない馬体だから本格化はまだ先かもしれないな。どちらかと言えばPOGより一口でオススメ

放談I Aさん、ここは“POG”放談ですから

放談A しかしやっぱりシルクは難しいね。こうやって推奨してるけど、実際は自信もないし手応えもない

放談I いやいや、仮にも去年ヴァイスメテオールとピクシーナイトを推奨してるんですから。もっと強気になっていいと思いますよ

放談A ん? 多分たまたまでしょ

放談I Aさん!!

[次回(21.04.23更新予定)へ続く]