2020.03.23 UPDATE

山口瞬
ロンドンテソーロ
22日阪神10レース  2着(3番人気)
 ハナを奪いかけたが外から主張する馬がいて2番手からの競馬に。直線では後続を振り切って勝利目前までいったのだが、強烈な末脚を発揮した勝ち馬に交わされて2着。それでも先行勢で唯一崩れることなく走れていたし、悲観することはないだろう。脚質的にも同型馬の存在が常に鍵となるが、クラス突破はもうそこまで来ている。



岐部泰佑
ライクアジュエリー
20日中山5レース  9着(9番人気)
 既走馬相手のデビュー戦。出遅れから前半は進んで行かず、勝負どころでも後方のまま。ようやくエンジンがかかったのは直線の坂を迎えたあたりで時すでに遅し。それでも推定上がり3Fは1、2着馬に次ぐ第3位と素質のカケラは見せた。もともと調教でもいい動きをしており、レース慣れが見込める次回は前進可能。