2020.08.03 UPDATE

山口瞬
ショウリュウハル
2日札幌12レース  8着(4番人気)
 スムーズに先行できたが4コーナーで追われてもなかなか反応できず、直線ではズルズルと下がってしまった。5ヵ月ぶりの実戦でプラス18キロ、成長分もあると思うがやはりまだ息ができていなかったと見るべきだろう。能力はあるだけにひと叩きされた次走での巻き返しに期待。



中西友馬
アイティナリー
2日新潟3レース  5着 (4番人気)
前半400mが21秒9という速い流れ。初の千直でもスピードを生かして先行したが、残り1Fで苦しくなっての5着。それでも勝ち時計が速く、自身の時計も前日1勝クラスの勝ち馬と同じなら上々の内容。やはりスピードを生かす馬なので外ラチ沿いを走ることができなかったのが大きかったと思うし、なんとか権利ギリギリの5着を確保できたのは大きい。適性はありそうなので、叶うならもう一度千直で見てみたい。



岐部泰佑
シフルマン
1日札幌11レース  6着(6番人気)
 逃げ馬が早々に脱落、4コーナーを向いたところで先頭に立ったが、結果差し馬が上位独占といい目標にされてしまった形。2コーナーで引っかかって体力を消耗してしまったのが痛かったが、残り50m付近までは懸命に粘っており、決して力負けではない。ハービンジャー産駒らしく、このコース形態や洋芝が合っているようで、次も札幌なら要注意。