2020.07.20 UPDATE

山口瞬
トーラスジェミニ
19日函館11レース  4着(5番人気)
 いつも通り逃げる形となったが、1000メートル通過が58秒8というきついペースに。さすがに最後は止まってしまったが、0秒4差なら健闘したと言っていいだろう。完全に馬が充実してきた印象だし、うまく噛み合えば重賞に手が届くところまで来ている。次走以降も注目したい。



岐部泰佑
カイザーノヴァ
18日函館11レース  5着(2番人気)
 前回同様、スタートはいいが二の足が遅く中団追走。直線でも最後までしっかりと伸びていたが、GVで流れも速くなり新馬戦でみせた矢のような末脚は見られず。ここ2走のレースぶりを見るだけで距離はもっとあった方がいいことは明らか。もう少し道中でタメの利く舞台ではさらなるパフォーマンスアップが見込める。