2020.07.06 UPDATE

中西友馬
グリニッチヴィレジ
5日阪神1レース  7着 (8番人気)
 元々短距離を使っていただけあって、スピードを生かした先行策で序盤は2〜3番手を追走。しかし、障害戦では珍しいほど出入りの激しい競馬となり、スタミナを消費。最後は息切れしてしまった。飛越自体は無難にこなしていたし、血統面も障害OP勝ちクリュティエの全姉。障害戦のペースに慣れてくれば、好走する下地は揃っている。



岐部泰佑
オパールシャルム
4日函館3レース  2着(2番人気)
 好位追走からいい手ごたえで上がっていったが、四角入り口で両サイドから挟まれ、接触するロス。挟まれた際に外にいた馬が勝ったわけだが、そのロスで一瞬ブレーキがかかりそこで置かれたのが痛かった。それでも直線ではハナ差まで詰め寄っており、地力の高さを再確認。ここまで6戦して4着以下なしの安定感はダテではなく、もう順番と言っていいだろう。