2020.06.08 UPDATE

山口瞬
レストレーション
7日東京2レース  7着(7番人気)
 千八から距離延長で臨んだ一戦。好位の後ろで運んで4コーナーでは前を交わせそうな手ごたえで直線へ。ただ、そこで進路がなく満足に追えず不完全燃焼の形でゴールイン。スムーズなら違ったはずだし、距離にはメドを立てたので東京二一でもう一度追いかけてみたい。



中西友馬
レターオンザサンド
7日東京9レース  3着 (5番人気)
 スタートで隣の馬と接触しながらも、ハナを主張。直線でも脚いろは衰えなかったが、最後の最後で2頭に捉えられての3着。少頭数とはいえ近況好調な馬の揃った中で、1年以上の休養明けとしては立派な内容。このクラスでは力上位であることを示し、叩いた次走は2走ボケさえなければ順当に突破。



岐部泰佑
サトノルークス
6日阪神11レース  8着(2番人気)
 勝ち馬が骨折明けをものともしなかった一方、同じく骨折明けの本馬は好発も後方に控え、勝負どころでも手ごたえは今ひとつ。直線大外に持ち出されるとジリジリとは伸びたが、やはり怪我明けで鞍上も慎重だったか。まだ4歳で血統的にも伸びしろは十分な馬なだけに終わったと考えるのは早計。復調してくるだろう。