2020.02.03 UPDATE

山口瞬
ドーバーテソーロ
2日東京7レース  5着(7番人気)
 パドックから返し馬にかけてもテンションは高かったが、レースでは中団追走から直線では内を突いて最後まで脚は使っていた。まともに走れれば中央1勝クラスでもやれる力はあるはずだし、もう少し落ち着いて臨めれば馬券圏内突入まであっていいのでは。



中西友馬
フォックスクリーク
2日京都10レース  9着 (1番人気)
 スタートを決めて好位のインを確保。4角では手ごたえ良く先頭に並びかけるも、そこからの伸びがなく、内外から後続に交わされての9着。1番人気の結果としては物足りないが、9着とはいえ勝ち馬とは僅か0.3秒差。8ヵ月半ぶりを思えば悲観する内容ではないし、この父らしく跳びの綺麗な馬で、今の京都の馬場も合わなかったか。このクラスでもやれる力はあるはずで、一変に期待したい。



岐部泰佑
ヴィジョンオブラヴ
1日東京8レース  4着(6番人気)
 三角すぎから進出開始も、内から併せられてまくり不発。直線を向いた時には馬群の大外11番手では厳しく、むしろ諦めずによく伸びたといえる。前述の三〜四角は出入りが激しく、かなり外を回らされたコースロスも大きかった。適性自体は問題なく、次回は人気の盲点になりそうだ。