2019.09.02 UPDATE

山口瞬
ライジングドラゴン
1日札幌12レース  1着(3番人気)
 この馬より前にいた馬がバテていくなか、早めに押し上げて後続に1馬身以上の差をつけての完勝。札幌で復帰した後は完全に軌道に乗ってきた印象がある。滞在と小回り千七でのものなので、中央場所で当日輸送の競馬でどうかという点はあるが、今後が楽しみな1頭である。



中西友馬
アルーアキャロル
1日9レース 3着 (3番人気)
 スタートは決して速くなかったが、内からスルスルとポジションを上げて、3コーナーでは好位を確保。ロスのないスムーズな競馬で直線を向き、あとは前の2頭を交わすだけだったが、残り100mからは逆に突き放されてしまった。前の止まらない馬場に苦しみながらも、スムーズな競馬なら力があるというところを見せた。現在はレース後の脚元も不安はないようで、全3勝を挙げている東京で狙いうち。



岐部泰佑
ミヤマザクラ
31日札幌1レース  1着(2番人気)
 初戦と同様順調な仕上がりで迎えた今回。好位から勝負どころではスムーズに外へ出し、四角先頭から突き放す一方の5馬身差圧勝だった。兄たちは同じディープインパクト産駒でもキレに欠ける印象があったが、本馬は札幌とはいえレコード勝ちだったようにある程度速い脚も使えそう。素質・将来性は十分な良血馬だけに、順調ならクラシック路線に乗ってくるだろう。自己条件ならまず勝ち負け、OP〜重賞でもそう見劣らない。