2019.06.17 UPDATE

山口瞬
アゴベイ
16日東京8レース  3着(2番人気)
 結果的に上位2頭は先行勢での決着となったなか、4コーナー11番手から上がり最速の脚で0秒1差の3着。見どころ十分の走りを見せてくれた。千四がベストな印象だけに次開催の福島でどうかだが、小回りなら千八でもこなせそうな感じはあるし、引き続き注目したい。



中西友馬
デアフルーグ
16日東京11レース  7着(1番人気)
 前走と同じく芝スタートで後手を踏み、中団から後方寄りの位置どり。2着馬をマークする形で進み、前走と違って直線では進路を外に。しかしそこからの伸びがなく、7着に敗れた。千八でしか勝ち鞍がないこの馬にとって、脚抜きの良い馬場+千六の速い流れは合わなかった印象。新馬勝ち後にここで取り上げて以来、1番人気が続いて馬券の妙味はなかったが、この敗戦で妙味が出てくれればありがたい。



岐部泰佑
バイキングクラップ
16日函館4レース  6着(1番人気)
 兄弟に活躍馬の揃う超良血。緩さや幼さの残る現状でこの遅いデビューでも支持は高かった。前半の行きっぷりが悪く最後方からのレースになり期待を裏切ったが、今回はほぼ素質だけで走っていたようなもの。片鱗は十分に感じられた。3歳未勝利戦の期間ももう残り少なくなってきたが、一度使われた次で答えを出せるだけの力をもつ馬。