2019.05.27 UPDATE

山口瞬
スプリングフット
25日東京7レース  9着(8番人気)
 好位からの競馬で9着に終わったものの、パッタリと止まってしまったわけではなく、上位3頭を除けば0秒2差。脚部不安明けで追い切りも2本だけという状況でこれだけ走れれば及第点だろう。現級勝ちがあるように能力はある馬、順調に使えるようなら叩き2戦目で圏内突入も見えてくる。



岐部泰佑
マハカーラ
26日東京1レース 12着(3番人気)
 既走馬相手の初戦で軽快なスピード、そして未勝利脱出のメドを十分に立て、叩き2戦目+距離短縮だった今回。内枠を引き、他に強力な先行馬もおらず、あとはスタートを決めて逃げるだけというところで痛恨の出負け。挽回したもののそこで脚を使わされ、さすがに終いはもたなかった。今後も発馬や枠の並びが鍵になってきそうだが、これで人気が下がるようなら次回は伏兵の資格あり。