2019.03.25 UPDATE

宮崎弘貴
ランドルーラー
23日中山5レース  8着(6番人気)
 初戦はスタート後にぶつけられてエキサイトしてしまい仕方ない面もあったが、距離を延長したここ2戦も最初のコーナーで口を割るシーン。特に今回は向正面で押さえきれずにまくるような形になってしまい直線では余力が残っていなかった。半兄に1400〜1600mで6勝のドーヴァーがいる血統。稽古は抜群に動く馬なので、短い距離での巻き返しに期待したい。



山口瞬
カセノウィナー
23日中山3レース  4着(9番人気)
 1コーナーから2コーナーにかけて少しかかり気味に上がっていく形に。4コーナー手前から徐々に進出を開始していったが、直線では思ったほど伸びず内から3着馬にも交わされてしまった。このあたりは前半のロスも響いた印象で、4ヵ月半ぶりをひと叩きされた次走はパフォーマンスを上げてくるだろう。



中西友馬
サトノフォース
24日中山6レース  4着(1番人気)
 出負け気味のスタートで、道中は後方3番手。3〜4コーナーでまくり気味に上がっていき、直線では2番手まで上がるも逃げ馬を捉えられず、さらに後方から来た2頭にもかわされての4着。未勝利勝ちのインパクトから物足りなさは残る内容も、自身の走破時計が5秒近く遅くなっていることから見て、まったく性質の違うレースだったことは明らか。終始外々を回って追い上げたこの馬には苦しい展開となった。次走、ある程度ペースが流れてくれれば巻き返しは必至。