2019.03.11 UPDATE

宮崎弘貴
レターオンザサンド
10日中山6レース  2着(2番人気)
 いかにも周回コースで動く馬というタイプで立ち回りがうまい。しかし初勝利以降はワンターンのレースが続き力を発揮できずにいた。今回は久しぶりのコーナー四つのレースだったが、強い勝ち馬に競り負けたものの完璧なレース運びを披露し現級では力上位を示した。次走もコーナー四つのレース、特に初勝利を挙げた福島のひめさゆり賞なら鉄板だろう。



山口瞬
イェッツト
10日中山9レース  1着(1番人気)
 今回は中団の後ろでじっくりと脚をためる形。徐々に進出を開始してさあこれから、というところで大きく外へ振られる不利がありながら、直線でもう一度脚を使ってきっちりと差し切った。早くから期待されていたがようやく本格化してきた印象、準オープンでも通用していいはず。



中西友馬
イッツリット
9日中山2レース  1着(2番人気)
 中団からの競馬となった前走と違い、2番手からの競馬。逃げる1番人気馬をぴったりとマークして残り200mで並びかけると、ねじ伏せるように交わしての勝利。前半1000m通過65秒0のスローペースでも、しっかりと折り合いがついて競馬センスは十分。ゴールに向かって加速していくラップも好感が持て、昇級しても注目してみたい。