2019.01.07 UPDATE

宮崎弘貴
ナックビーナス
5日中山10レース  2着(5番人気)
 今回はOP特別の別定戦ということで斤量は58キロ。牡馬で換算すると60キロとなり、いくら大型牝馬とはいえきつい斤量。逃げ切りこそ許したが、内外から迫る後続にかわされる気配はなく2着を死守。ここ2走はGTで不本意な成績だったが、この走りができれば再び重賞戦線で上位争いできるはずだ。



山口瞬
プライドランド
6日中山10レース  6着(4番人気)
 道中は後方でじっくりと脚をためる形で直線へ向いたが、内を突いたぶん前が壁になるシーンがあって追い出しが遅れてしまった。未勝利勝ちの走りを見てもエンジンのかかりがあまり早くないタイプだけに、このロスは痛かった。このクラスでもやれる能力はあるはずだし、再度注目したい。



中西友馬
ウォータースペース
5日京都1レース  1着(4番人気)
 初ダートの一戦だったが、いきっぷりよくハナへ。手ごたえ良く4角を回ると、あとは突き離す一方。最後は手綱を抑える余裕を見せながらもゴールまで加速し、8馬身差の圧勝。日曜1Rと比べると、前半1000mの通過はコンマ3秒遅いにも関わらず全体時計はコンマ6秒速く、優秀な内容と言える。昇級しても楽しみな存在だ。