2018.12.10 UPDATE

宮崎弘貴
テーオーエナジー
8日中山11レース  1着(3番人気)
 秋緒戦はなぜか不向きと思われる千四を使って惨敗。続くJBCクラシックではかなり人気を落としたが、7着とはいえ見せ場を作り、中距離で力のあるところを見せた。今回は2番手でレースを進め早々に逃げ馬を潰しにかかる強気のレース。そこから抜け出してからは危な気ない完勝劇。活躍目立つ3歳世代でも特に強いのがダート路線。今後も要注目。



山口瞬
レッドアトゥ
8日中山8レース  2着(1番人気)
 スタートして3ハロン目と4ハロン目に13秒台後半が記録される超スローペース。4コーナーで追い出したが周りの馬もまだ脚が残っている状況で、なかなか差を詰められない。結局1頭差し切れず2着に終わったが、ゴール前の脚はなかなかのものだった。悲観する内容ではなく、次は順当に勝機だろう。



中西友馬
アナザークイーン
9日中山3レース  11着(8番人気)
 外枠からポジション取りに行き、近走と比べて前目の位置どり。4角では先頭に並びかける強気な騎乗も、結果的には後方で構えていた組が上位を独占する展開となり、今回は展開が上手く噛み合わなかった。過去の成績を見ても中山向きなのは確かなので、じっくりと構える形で見直したい。