2018.10.01 UPDATE

宮崎弘貴
ホウオウカトリーヌ
29日中山9レース  2着(1番人気)
 マツリダゴッホ産駒にしてはスピードの押さえが利いて、折り合いがつくタイプ。昇級戦の今回はこれまでの2戦とは違って位置取りを悪くしてしまった。それでも2着確保は力のある証拠だろう。しかしクラスが上がった千二では、押さえが利く面が逆にネックになる懸念も。ダブル登録だったサフラン賞でも狙えると思っていた馬。距離延長で再注目。



山口瞬
カツコノユメ
29日中山2レース  4着(4番人気)
 好スタートからスムーズに先行して直線はそのまま内へ。ただ、良い感じできていたわりにジリジリとしか伸びず、前を捕らえることができなかった。やはり現状はローカル向きか。新潟で好走を期待したい。



中西友馬
パルトネルラーフ
30日中山12レース  6着(14番人気)
 スタートは出たが、いつものように後方からの競馬。結果的にレースは同日500万よりも遅いペースで進み、終わってみれば逃げ・先行勢がそのまま上位独占。その中で、上がり最速の脚で後方から伸びてきたのがこの馬。しかも内のさばきにくいところを伸びてのものだから価値がある。準OPに上がってからあまり見せ場はなかったが、1年前には500万、1000万と連勝した馬。復調のキッカケとなってもおかしくない。