2018.09.10 UPDATE

宮崎弘貴
ロードマドリード
8日阪神4レース  1着(1番人気)
 これまで10戦して2着7回と勝ちきれないレースが続いていた。あとのないスーパー未勝利戦で、切り札として初めてブリンカーをつけた今回はこれまでとは別馬のような勝ちっぷり。姉のメイズオブオナーも勝ち上がりまでに10戦を要したが、昇級戦で即500万突破と一度軌道に乗れば上までいける家系。本馬も今回のパフォーマンスを見れば昇級の壁はなさそうだ。



山口瞬
コンセッションズ
8日阪神12レース  8着(10番人気)
 今回はスタートを決めて先行。直線に向くまでは良い感じで運べていたが、最後は止まってしまった。重い馬場がダメだったのかもしれないが、それでもコンマ8秒しか負けていないように500万でやれる力は十分あるはず。新潟千二あたりでもう一度見直したい。



中西友馬
アレット
9日中山10レース  4着(8番人気)
 好ダッシュから2番手につけ、逃げ馬の後ろをぴったりマーク。しかしこれがアダとなり、前半3ハロンの通過33秒7という、ハイペースを演出してしまった。それでも残り200mで逃げ馬を競り落としてからも、ゴール寸前まで粘っていた。最後は人気馬3頭に交わされはしたが、昇級緒戦でクラスにメドは立ったと言っていい。中山千二がこなせたのも大きく、レース選択の幅が広がった一戦だった。