2018.07.30 UPDATE

宮崎弘貴
ウェストブルック
28日新潟7レース  1着(1番人気)
 初戦からセンス抜群の走りだったが、2戦目の今回はスタートで出遅れて、直線でも馬群に包まれてかなり厳しい形。それでも一瞬スペースができると即座に加速し、そこからは危なげなく抜け出した。無事なら500万どころかかなり上のステージを目指せる馬。



山口瞬
ヴァルドワーズ
29日新潟6レース  5着(6番人気)
 出足はあまり速くなく後方で折り合いを付ける形をとった。3コーナーあたりから徐々に進出を開始して直線で追い出されると、上がりはメンバー中2位の脚で追い込んできた。展開もあり前を捕えられなかったが、初戦とすればまずまずの内容だったと思う。半兄にはスプリングS2着のアウトライアーズがいる血統だし、次は外回り千六での走りが見てみたい。



中西友馬
ダイアトニック
28日新潟10レース  2着(1番人気)
 好スタートから好位のインに収まり、4角を回るといつでも抜け出せる手ごたえに見えた。しかし、いざ追い出されると一歩前にいた勝ち馬に進路をカットされるロス。最後は再び伸びるも、勝ち馬には及ばず2着。レース上がり32秒8の展開では、ひとつのロスが命取りとなった。このクラスにとどまる器ではなく、マイル前後ならもっと上を目指せる。