2018.07.16 UPDATE

宮崎弘貴
マヤノフロスティ
14日福島7レース  7着(5番人気)
 今回はいつになく調教の動きが良く、人気にもなっており期待していたが、レースぶりはあまり変わらなかった。フワフワするのかコーナーで早々に手ごたえが悪くなるわりにはしぶとく粘っている。逃げる形なら変わってもおかしくないが、1200mでハナをきれるほどのスピードはない。新潟1400mあたりでハナをきれるメンバー構成なら狙ってみたい。



山口瞬
スカイシーアキラ
14日函館3レース  4着(10番人気)
 2番手につけていい感じで運べているように見えたが、直線で追われてからは意外と伸びなかった。ずっと頭を上げて走っていたし、思い切ってハナへ行く競馬をした方が良さそうな印象を受けた。



中西友馬
ユイノチョッパー
15日福島6レース  1着(3番人気)
 レース序盤は5番手を追走。前半900mの通過は54秒6で、土日に行われたダート1700m6鞍の中でぶっちぎりに速いタイム。前日メインの準OPより1秒8も速く、未勝利戦としては超ハイペース。その流れを5番手から徐々に番手を上げ、4角では強気に先頭。直後に忍び寄る1番人気馬が直線で並びかけるが、そこからもうひと伸び。逆に2馬身半の差をつけてみせた。勝ち上がり率が異常に高いオメガパフュームの新馬戦から、10頭目の勝ち上がりとなった。