2018.07.09 UPDATE

宮崎弘貴
ミッキーグローリー
7日福島11レース  1着(1番人気)
 逃げ馬が軽快に飛ばし、600メートルから残り200メートルまでの6Fはほぼ12秒のラップ。その流れを800〜1000メートル地点で強気にまくり、四角2番手から力でねじ伏せた内容は秀逸。デキが良かったのもあるが、着実に力をつけているのも確か。オープンに昇級しても通用の力をつけている。



山口瞬
パワフルドンキ
8日福島4レース  8着(4番人気)
 初出走ということもあり、周りの馬よりも行き脚がつかず後方の位置取りに。そこで我慢させて直線ではまずまずの脚を繰り出していた。走りを見ても良馬場の方が良さそうなタイプだし、一度実戦を経験した効果でもう少し前で競馬ができれば、前進があっていいのでは。



中西友馬
ラペールノアール
8日中京2レース  5着(3番人気)
 スタートを五分に切り、道中は中団を追走。直線では外に持ち出して一瞬伸びかけたが、最後は脚いろが同じになって5着まで。やはり良績が千二に集中しており、わずかに距離が長かったか。ただ、それ以上に400キロを切る小さな馬体には、水を吸った中京の重い馬場は苦しかったようだ。小倉の軽い馬場で見直す手はある。