2018.06.11 UPDATE

宮崎弘貴
トモジャスティス
9日東京2レース  5着(5番人気)
 スタートで出遅れはしたが、持ち前のスピードですぐに先団に取りついた。しかし直線では前半のロスが響いて手ごたえほどの伸びはなく失速してしまった。しかし力のあるところは示し、あのスピードがあればローカルの短距離でさらによさが出そうだ。



山口瞬
ヒストリア
9日東京10レース  3着(6番人気)
 今回は阪神への輸送で減った体も戻っていたし、パドックでの気配も良く映った。レースは後方2番手で進めると、直線では上がり最速の脚で追い込んできたが、上位2頭には届かず。ただ、その2頭も33秒台の脚を使っているし、悲観する内容ではなかった。千六で好走できたのも収穫だったと思うので、降級2戦目の次走はさらに上位へ食い込んでくるだろう。



中西友馬
テーオーフォルテ
9日阪神10レース  6着(1番人気)
 五分のスタートから道中は中団を追走。直線は外に出して追い上げるも、伸びを欠いて失速。人気を裏切り6着に敗れた。勝ち時計は前走より2秒近く速く、前走から2.5キロ増となる、他の降級馬より重い57.5キロの斤量も堪えたようだ。準OPでクビ差2着の実績は疑いようがなく、次走での巻き返しは必至。