2018.06.04 UPDATE

宮崎弘貴
ポップアップスター
2日東京8レース  2着(3番人気)
 スタートの出はいつも通りひと息だったが、四角までの上がり方は理想的で、直線でも一旦クビほど先頭に出たが、最後は3歳馬の勢いに屈し差し返されてしまった。それでも降級で力のあるところは示した。脚質的に勝ちみに遅い面はあるが、500万なら崩れることは考えづらく、軸としては最適だろう。



山口瞬
ゴールドパッション
3日東京3レース  3着(3番人気)
  芝スタートで少し遅れてしまい、さらに続々と前へ入られたことで位置取りが後方に。それでも腹をくくって直線での競馬にかけると、末脚を繰り出して3着は確保した。この形で凡走しなかったのは力をつけてきた証だろう。順調なら次も同じ条件だと思うが、2度目なら慣れも見込めるし、そろそろ未勝利脱出も見えてくる。



中西友馬
フィッシュダイブ
3日東京5レース  3着(7番人気)
 スタートは普通だったが、スッと行き脚がついて好位のインを確保。直線では抜け出した上位2頭には敵わなかったものの、後続は大きくちぎっての3着。この馬の走破時計も前日の新馬戦の勝ち時計を1秒4も上回っており、今回は相手が悪かったか。このレースの2着馬は関西馬ということもあり、少なくとも開幕週の3鞍で勝ち上がれなかった馬の中では最上位の評価。次で確実に決めたい。