2018.04.16 UPDATE

宮崎弘貴
ロゼフェニックス
14日中山4レース  2着(7番人気)
 牡馬にしては小柄な馬で、これまでは馬なり中心の攻めだったが、ここ2週は一杯に追ってきて体幹が強くなってきたのを感じた。結果2着ではあったが、ゴール前の伸びは際立っていた。良馬場で結果を出せたのも大きく、未勝利脱出は近い。



山口瞬
ストーンウェア
15日福島11レース  3着(10番人気)
 残り800メートルから進出を開始して4コーナーでは勝負圏内の位置まで追い上げてきた。直線でもしっかりと伸びていたが、わずかに届かず3着まで。ただ、印象としては左回りでという馬だっただけに、オープンで右回りでも好走できたのは収穫だっただろう。次がどのレースでも要注目だが、新潟大賞典に出てくるようなら再度注意を払いたい1頭である。



中西友馬
トーセンリラ
14日中山1レース  1着(1番人気)
 大外枠から好スタート。道中は行きたい馬を行かせて、4番手を追走。直線入り口で前の馬に並びかけて残り200mで抜け出すと、あとは後続を突き離す一方。結果的には5馬身の差をつける圧勝だった。勝ち時計の1分11秒9は同日に行われた同条件の3歳未勝利で一番の時計で(残り2鞍は1分13秒台)、雨の影響で脚抜きの良くなった日曜の2Rよりも速い時計。後続が離れるのも仕方ない結果で、次走も楽しみ。