2018.03.12 UPDATE

宮崎弘貴
サトノダイヤモンド
11日中京11レース  3着(2番人気)
 中間はこの馬らしい走りが垣間見えず、フランス遠征の影響を感じさせていた。1000m通過63.0秒の超スローで勝負どころの反応は鈍く、やはりダメかと思われたが、残り200mを切った辺りから3番手以降が伸びあぐねるなか、1頭だけ違う脚いろで伸びてきた。3着でも非常に内容のある結果。勝ち馬とは舞台適性の差もあるので、大阪杯で復活の可能性は非常に高い。



山口瞬
ロンサール
11日中山4レース  6着(9番人気)
 行き脚がつかず後方からの競馬に。3コーナー手前から追い上げていき、直線は外へ出して差を詰めてきた。上がり3Fは最速を記録したように能力はあると思うし、兄弟にオープン馬のブレスアロットがいる血統でまだまだこれから良くなってくるはず。調教師のコメントにもあったが、もう少し体のボリュームが出てきて力をつけてくれば未勝利は突破できるはず。



中西友馬
ジェニアル
11日阪神8レース  1着(2番人気)
 8ヶ月ぶりの実戦で格上げ緒戦。厳しい条件を跳ね返して3馬身差の完勝。終いの伸びは一頭だけ際立っていた。小柄な馬で坂のある阪神コースは不安視されたが問題なくこなし、休みを挟んでパワーアップしている印象も受けた。距離を短縮した前走から良さが出てきた感じで、マイル戦線なら上のクラスでも通用する素質はある。