2018.02.05 UPDATE

宮崎弘貴
スズカテイオー
3日京都6レース  1着(6番人気)
 納得するまで乗り込んで、万全を期しての出走だったが、パドックでは腹回りにかなり余裕があるように見えた。それでも完歩が大きくトモの運びもスムーズで、良い馬だなという印象を受けた。2番手から抜け出し、その後も後続の猛追を振り切った。馬体がシャープになればもっと走れそうなだけに、気温が暖かくなって馬体が絞れれば、昇級でも壁になることはなさそう。



山口瞬
エンパイアステート
3日東京8レース  11着(2番人気)
 中団の外めで運んでさあこれから、というところで全く伸びず大敗してしまった。やはり半年ぶりということでレース勘という部分が影響したか。ただ、以前は未勝利ながらも500万で勝ち負けを演じていたし、嘉藤騎手も「動きからはこのクラスにいる馬ではない」と言っていたので、もう一度追いかけてみたい。



中西友馬
ラセット
4日京都11レース  3着(5番人気)
 スタート後こそ好位のインに収まったが、向正面で有力馬たちが動いてきたことによって、4角では7番手までポジションを下げてしまう。しかしそこから最速の上がりを駆使して3着まで押し上げた。結果的に上位2頭は4角で前にいた2頭となり、位置取りの差がモロに出てしまう形となった。もう少し経験を積んでいけば、重賞戦線に定着できるようになるだろう。