トップページ

福島3日目
11R テレビユー福島賞
《初距離で前進狙うブレイブメジャー》
 昇級の前走5着のブレイブメジャーが今回初の千二挑戦。徐々に距離を短縮しているが、血統面からプラスに出る公算大、ひと押しでOP入りを狙う。同じく初距離のレジーナドーロも、距離を縮めてパフォーマンスを上げた前走からさらなる短縮+再度レーン鞍上で要注意。前走千二組では、人気薄とはいえ2着フェルトベルク、昇級即メド立てたシセイヒテン・ワールドフォーラブ、過去に小倉2歳S3着があるバーニングペスカあたりが上位候補。他では、逃げてしぶといクラヴィスオレア、福島好相性ヒロイックアゲン、発馬決まればブリッツアウェイ、前崩れでヤマニンペダラーダに伏兵の資格。

福島4日目
11R 七夕賞
《上位候補は多数》
 前走同舞台の福島民報杯を勝ったマイネルサーパス56.5。3戦2勝2着1回と相性のいい福島で重賞初制覇を狙う。その福島民報杯で小差3着だったウインイクシード56は、OP昇格後は距離長かったGUを除けば崩れなしの安定感。ローカルのGVなら。GTでもがんばったジナンボー56、重賞初挑戦を4着好発進ブラヴァス55、7歳でも衰え見せないノーブルマーズ56。トップハンデのエアウィンザー57・クレッシェンドラヴ57や牝馬重賞Vのパッシングスルー54は前走案外も地力上位で要注意。福島4戦4勝ヴァンケドミンゴ54、これまで5着以下なしと安定感あるヒンドゥタイムズ55の昇級2頭も侮れない。

阪神3日目
11R マレーシアカップ
《そろそろダブルシャープ》
 伸び脚堅実のダブルシャープ。昇級後は2→3→5→2着。前走は手ごろな位置で競馬ができ、梅雨時で馬場が渋るのも歓迎。小差が続くソシアルクラブ・レッドイグニスもここなら圏内で、リフレッシュなったアルティマリガーレの前進注意。昨年2着のメサルティムはそれ以来1年ぶりの実戦が鍵で、変わり身あれば前々タガノアスワド・サヴォワールエメ。

阪神4日目
11R プロキオンステークス
《目下好調のサクセスエナジー》
 サクセスエナジーは今期好調。OP2連勝、前走は前半33秒8のハイラップを刻んで押し切った。地方交流重賞は3勝しているが、待望のJRA重賞初獲得なるか。伸び盛りの4歳は阪神3戦3連対のレッドルゼル、地方交流重賞連勝中のラプタス、3連勝中のトップウイナー。昨秋南部杯勝ちのサンライズノヴァは59キロが鍵になる。昨秋JBCレディスクラシック勝ちヤマニンアンプリメは鼻出血明けで気配重視。穴で復調確かなミッキーワイルド、千四8勝のスマートダンディー。

函館3日目
11R 五稜郭ステークス
《素質高いセントレオナード》
 骨折明けをひと叩きした前走が順当勝ちのセントレオナード。当舞台は3走前圧勝の記録、素質は高く昇級の壁はなさそうだ。ハナズレジェンドは前走が復調気配窺える内容。昨年も着順ほど負けておらず、要注意。イノセントミューズは現級2戦案外だが、明確な敗因あり。距離短縮は大歓迎で巻き返しは十分可能。その他では、前走の勝ちっぷり鮮やかなドンアルゴス、スズカロング、洋芝で前進見込めるナイママ、大崩れしないハウエバーあたりも差はなく続く。

函館4日目
11R マリーンステークス
《トップハンデでも中心はリアンヴェリテ》
 今年も前走大沼S組が大挙出走。2着リアンヴェリテ57.5は昨年大沼S→マリーンSと連勝。今年の大沼Sでは勝ち馬の決め手に屈したが、差し返すしぶとさを発揮。当舞台との相性抜群でトップハンデも信頼。4、5着ロードグラディオ55、アディラート56も圏内だが、対抗格は別路線からタイムフライヤー57。一旦先頭のフェブラリーS5着が好内容、OP特別なら力上位で久々の勝利を狙う。その他では、連勝の勢いあるケイアイパープル54が侮れない。


特別展望 : 中央編集部






格安「新聞」印刷

個人のお客様も歓迎!
結婚記念日や還暦のお祝いなどにどうぞ。
料金は41000円(税別)からと格安でお請けいたします。一生に一度の記念日に、あなたが1面を飾る素敵な新聞はいかがですか?

その他にもフリーペーパー、個展・コンサート・学園祭などイベントのチラシ、地域コミュニティ紙、各種後援会会報、販促ちらし、学生新聞など予算を抑えつつ大量に必要な場合に最適です。 まずは下記ページをご覧になり、メールにてお問い合わせください。不明な点などがありましたら、丁寧にご説明いたします。

■お問い合わせ
  sanpei01@nikkankeiba.co.jp

詳しくはこちら≪有限会社三平印刷所≫をご覧ください。