日刊競馬POG放談
日刊競馬POG2015-2016    日刊競馬POG2016-2017    日刊競馬トップページ



【放談A】『POGに求めているのは快楽だけ』と勝敗度外視でPOGを楽しむ重度のPOG中毒者。現3歳世代では3位指名のハートレーがホープフルSを勝ったが、ディープインパクト産駒無視のカッコ付け指名(1位フォンス、2位シャケトラ)は見事に不発。本人的には不満足な1年だったようだ。今期の最大目標はNHKマイルCに出走馬を送ること。
【放談O】昨期は1位指名のサトノキングダム(2戦2勝)がクラシック路線に乗りかけるも脚部不安で戦線離脱。その他の指名馬は特に語るまでもない地味&無残な成績で、例年通りの負け組となった。反逆の今期はディープインパクトを1〜3位指名し、必勝態勢で挑む。
【放談I】『NO REVE、NO LIFE』を合言葉に、レーヴドスカーの仔がいる年=勝ち組、レーヴドスカーの仔がいない年=負け組というわかりやすいPOGライフを続けてきたが、レーヴドスカーの仔がいた昨年は初の負け組に転落。そして今年はレーヴドスカーの仔が不在。1位のヘリファルテを抽選勝ちしたが、流れは完全にキナ臭い。
【放談X】『だぜ!!』が口癖の癒し系担当…は過去の話。近年はネタのような惨敗が続き、一気に暴君と化した。その影響もあってPOG放談での露出も徐々に減っている(仕事放棄)。ただ、極少数のマニアックな放談読者からの人気は絶大。指名馬のロジクライがシンザン記念を勝った時には、祝いのメールが殺到して回線がパンクしたとかしてないとか…。
【放談T】菊花賞を4年で3勝、2週連続GI制覇など数々の偉業を達成した元祖・POG大魔王……だったが、近年の成績は悲惨のひと言。昨期の見せ場も、指名馬が毎週のように骨折するというくらいで、負け組として暮らす日々は長い。今期は放談Aからダブルバインドを抽選勝ちし、久々の勇姿が見られる……かもしれない。

■このコラムについて
(必ずお読みください)

 この『POG放談』はPOGを楽しむ人間側に立っての内容となっております。また、発言の口調・いいまわし等は読み物として一部強調してあります。レース中の競馬ファンのやじ・声援と同様に、POG参加者がゲームとして競馬を見た場合の発言・意見であり、競馬関係者を誹謗中傷する意図はありません。それでも、一部非常識ともとれる発言・内容が出ることもあり、気分を害される方もあると思います。先立ってお詫び申し上げます。



■【放談A】の社内POG指名馬
ダブルバインド
ムーヴザワールド
バックドアルート
バリングラ
ライズイーグル
フォギーナイト
バリオラージュ
ナイルストーリー
アグロドルチェ
サーヒューストン

■【放談O】の社内POG指名馬
ダノンロマン
サトノヴィクトリー
ロードソリスト
イスラドラーダ
ソレイユドパリ
ボクハチャーリー
ジュンアイルランド
ダノンディスタンス
ヴァナヘイム
トゥザクラウン

■【放談I】の社内POG指名馬
ヘリファルテ
フォギーナイト
ハナレイムーン
ビギン
コロナシオン
ダークチェリー
サーヒューストン
フルボイス
エンドオール
ナイルストーリー

■【放談X】の社内POG指名馬
サトノアーサー
ダノンディスタンス
モンドバーグ
ザクイーン
キセキ
チャレアーダ
マイネルズイーガー
エアワンピー
ダノンスターズ
ヒルノアトラーニ

■【放談T】の社内POG指名馬
ダブルバインド
ハウメア
ロードアルバータ
アルトリウス
エイプリルミスト
ムードメーカー
ロジムーン
トリコロールブルー
クライムメジャー
アラハバード

■【Aの守る者】の社内POG指名馬
モクレレ
コルヴァッチ
ソウルスターリング
マジカルスペル
カレンラヴニール
キャリコ
ファヴォーラ
ボムクレイジ
ムーンシュトラール
ボーダーオブライフ





 
株式会社日刊競馬新聞社 東京都品川区大崎1-10-1  http://www.nikkankeiba.co.jp/
当サイトに掲載されている文章・画像・写真を含むコンテンツの著作権は、株式会社日刊競馬新聞社に帰属しております。無断転載、再配信等は一切お断りします。
Copyright (c) 2015 Nikkan Keiba Shinbunsha