浦和800m

[コース解説]
 向正面、2コーナー過ぎからのスタート。バックストレッチいっぱいを使った先行争いが最大の見どころで、ここで脱落してしまうと、ほぼ上位入線は望めない。内枠で後手を踏んでしまうと、外から被されて前が塞がってしまい、挽回するのは極めて至難の業。キャリアの浅い、新馬戦と2歳初期のレースでのみ使用されることもあり、ほぼスタート勝負といった側面がある。

[枠順]
有利不利なし
[脚質]
逃げ・先行有利

[コースレコード]
46秒7
1999年7月14日 重・曇
リネンチヨノオー 牡3 細川 勉  53.0