浦和1600m

[コース解説]
 3〜4コーナー中間のポケット地点からスタート。発走してすぐにカーブを迎えるという、日本でも有数のトリッキーなコース形態として知られ、必然的に内枠が断然有利となる。外枠だと、よほどスピードが抜けていない限り、先手を奪うのは極めて困難。逃げ馬の外枠は致命傷とさえいえる。牝馬クラシックの桜花賞が行われるが、毎年枠順による悲喜こもごものドラマが起こる。

[枠順]
内枠有利
[脚質]
逃げ・先行有利

[コースレコード]
1分37秒9
1999年4月20日 重・晴
インテリパワー 牡5 張田 京  57.0