浦和1300m

[コース解説]
 3号スタンド前の中ほどがスタート地点で、1コーナーまでの距離が短く、内枠の先行馬には有利な条件。ペースも落ち着きやすく、基本的には先行できないと苦しいと見ていい。未格、C3といった下級条件しか行われないが、コース形態の特殊性からか、極端に千三得意といった馬が存在するのも大きな特長。各馬の距離実績に注目してみるのも、ひとつの手だ。

[枠順]
内枠有利
[脚質]
逃げ・先行有利

[コースレコード]
1分20秒6
1996年10月15日 重・晴
グランプリクン 牡3 石崎 隆之  54.0