川崎2100m

[コース解説]
 二千同様コーナー6回であるが、こちらは九百と同じスタート地点で、最初のコーナーまで距離があるため、それほどの枠順差はない。その他の特長はほぼ同じで、やはりスローペースの前残りが基本ではあるが、川崎記念やエンプレス杯など、行われるレースのほとんどが重賞であるため、結局のところ展開うんぬん以前に、絶対能力の差が勝負の明暗を分けるケースがほとんどである。

[枠順]
有利不利なし
[脚質]
逃げ・先行有利

[コースレコード]
2分10秒7
2012年1月25日 不・晴
スマートファルコン 牡7 武豊  57.0