『もうすぐデビュー! #3』
2017/06/16 更新
 今週取り上げるのは、もうすぐ…ではなく今週デビュー(3回東京6日目6R、芝1400m、戸崎圭太騎手)のムスコローソ(手塚、牡、父ヘニーヒューズ、母ルナレガーロ)。牧場でしっかり乗り込まれてきたようで、入厩して1本目の追い切りからいきなり「オッ」と目を引く動き。そこからは毎週のように古馬と併せて、遜色ないというよりもむしろアオるくらいの素晴らしい動きを連発しています。

 今朝(金曜)は本馬場に入れて芝の走りを確認していましたが、軽やかなフットワークで実にいい感じ。担当の森厩務員に声をかけると「でしょ、良かったよね。そのあとゲート練習にも行ったんだけど、ポーンと出て速かったよ。二の足がいいのは元々わかってるから」と終始にこやかな表情でこたえてくれました。手塚厩舎のヘニーヒューズ産駒といえば、朝日杯FS・レパードSの勝ち馬アジアエクスプレス。同馬のような芝・ダートを問わず、大きな舞台での活躍が期待できる1頭です。

 さて、ムスコローソの写真はタイミングが合わずに撮れませんでしたが、同じ手塚厩舎のハウナニ(牝、父ロードカナロア、母ユキチャン)は、ハワイ語で「美しい雪」という名の通り、本当にきれいで可愛らしい白毛馬。さぞかし、お手入れなど大変なのでは?と気になりますが、「お行儀が良くて、そんなに汚さないんで助かってます。幅があって、背中もいいんですよ」と担当の名畑助手。こちらは15日にゲート試験を合格、一旦放牧へ出して、夏の新潟後半か、秋の中山でのデビューを予定しています。