『またまた坂路調教馬!』
2014/12/17 更新
 阪神ジュベナイルフィリーズは二ノ宮厩舎のショウナンアデラが勝利。

 スタートで出遅れ、今までとは異なる後方からの競馬となりましたが、ゴール前はそりゃもう凄い弾けっぷり。

 しかも、近ごろ主流となった栗東滞在ではなく、美浦からの直前輸送での勝利ってとこも、個人的には頼もしさを感じます。

 まだ「良化の余地を残す現状」だそうですが、今後の成長と活躍が楽しみですね(^o^)/

 美浦村では関東馬がGTレースで優勝すると、お祝いの横断幕が掲げられます(国道125号線の美浦村役場付近)。

 このコラムを書いている時点(16日)ではまだ確認しておりませんが、スノードラゴン(スプリンターズS)、スピルバーグ(天皇賞・秋)に続く、今秋3枚目のお祝い幕が掲げられているはずです。

 さて、この秋のGTを制した関東馬3頭には、“坂路調教馬”だったという共通点がありました。

 さらに“坂路といえば…”の出口TMも「1週間で直前坂路追いの新馬は10頭くらいしかいないんだけど(少なっ!!)、これが結構走ってるんだよね」と、日曜日に行われた送別会の席でポツリと白状(?)していました。

 今のところ、雨が降ると馬場コンディションが一気に悪化しやすい…といった難点はあるものの、強い馬づくりを目指した“負荷のかかる坂路”の効果がここへきて着実に実を結びつつあるように思います。

 ちらっと送別会と書きましたが、出口TMは今年一杯で引退されます。

 一緒に働けるのもあと2週間となりました。

 私が他社にいたころから出張先ではご馳走になったり、前の会社が休刊になった時には心にしみる言葉をかけてもらったり、そして日刊競馬に入ってからは得意のダジャレ攻撃を受けたり…。

 今までありがとうございました。そして、長い間お疲れさまでした!