『秋のはじまり』
2014/09/10 更新
 関東エリアではまだまだ新潟開催が続くこともあって今ひとつピンとこないところもありますが、今週末からは秋競馬がスタート。

 美浦トレセンではすでに紫地に金文字のゼッケン(GT優勝馬だけが着用できる特殊なゼッケン)をつけた皐月賞馬・イスラボニータや、オークス馬・ヌーヴォレコルトが復帰戦に向けて順調に追い切りを消化。

 先週は天皇賞馬・フェノーメノ、中山グランドジャンプ馬・アポロマーベリックの姿も見かけました。

 春を盛り上げた実績馬、夏の間に着々と力をつけた上がり馬。

 どの馬もとにかく無事に、そして熱いレースを繰り広げてくれることを願っています。

 さて北海道シリーズの終了に伴い、私、今週から新潟から阪神(平場)へと予想の担当が変わります。

 与えられた持ち場でしっかり頑張る所存ですが、関西馬だらけの阪神の平場で日ごろの取材の成果を生かせないのは少々残念なところ。

 というわけで、とりあえず今週は1週前の取材で好感触を得た狙い馬を紹介してみたいと思います。(※あくまで1週前の時点での出走予定ですので、出走規定や馬の体調により出走していない場合もありますので、あらかじめご了承願います。<(_ _)>)

 ☆トラストルシファー(土曜1R予定)…デビュー戦は内回り千四のスローペースで行った行ったの決着。出遅れて後手を踏んだ時点でアウトでしたが、終いの伸びには見どころがありました。「トモがはまってからの加速力がいいタイプ」とは高橋文師。外回りの千六に変わるのはなんとも魅力的です。

 ☆カシノツバサ(日曜2R予定)…格上挑戦となったフェニックス賞は先行→直線失速しての殿負け。ですが、「あのメンバーを相手に強気に攻める競馬をしたことが次に必ずつながる」と天間師。メンバー弱化が予想される直線競馬で粘り込みを期待。

 今週の結果次第ではシリーズ化…なんてことも目論んでます!(^o^)!