『何度でも』
2014/08/13 更新
  競馬場では基本的に、双眼鏡を使ってレースを観ています。

 当たり前ですが、レースはたった1度きり。

 できる限りレース全体を見渡さなきゃ、という気持ちはあるのですが、馬券を買っているとどうしてもその馬についつい目がいってしまいがち。

 手応え抜群で直線に向こうものなら勝手にズームアップ、なんてこともあって、レース全体を見渡せていないこともあるものです(あくまでも私の場合)。

 まず見直すのがテレビのレース映像。

 道中は最後方の馬までしっかり映してくれますし、直線も視界が広くて見やすいのは見やすい。

 ですが、ゴール前の映像はどうしても勝ち負けの場面が中心で、後方の様子は映っていないなんてことも。

 そこでさらに見直すのがパトロールVTR。

 記者席ではレース確定直後から、繰り返し放映されています。

 一見出遅れに見えた馬が実は隣の馬に寄られて不利を受けていたとか、後方でひっそり起きていた実は重大な不利とか、着順は地味でも離れた後方から凄い脚で伸びてきた馬とか、直線で前が詰まっていたように見えたのに実はスペースがあったとか…等々。

 テレビのレース映像だけではわからないことを見ることができるのがパトロールVTR。

 ちなみに馬柱の成績欄はこのパトロールVTRを何度も何度も見直して作成されています。

 全レース観るにはグリーンチャンネル(視聴料がちょっとお高いのですが…汗)と契約するほかありませんが、重賞レースはJRAのホームページ(レース結果)で公開されています。

 意外な掘り出し馬に出会えることもありますので、お時間のある方はぜひご覧くださいね。