『種まきの季節』
2014/05/14 更新


 美浦支局の駐車場脇に小さな花壇ができました。

 今はまだ小さな双葉ですが、夏の盛りには可愛い向日葵の花が咲き誇る(予定)だそうです。

 実は私も数年前、ベランダ菜園にハマッたことがありました。

 「初心者にも簡単につくれます」なんて文句につられて、色々な種類の野菜の種をまきました。

 自分でつくった野菜で料理する日を楽しみにしていました。

 が、水やりに失敗したり、害虫にやられたりで、収穫までたどり着いたのはほんのちょっとだけ。

 ただ、小さな種から芽が出て、葉っぱが出て、花が咲いて、実がなって…植物の成長過程は見ているだけでも楽しかったし、ほんの少しでも収穫できた野菜の味は格別なものでした。

 この感じ、なんとなく競馬にも似てるような気がします。

 あーでもないこーでもないと予想して、馬券を買って、当たったら新しい服を買おうか、それとも美味しいものでも食べに行こうか…そんなことを考えながら、いざレースへ。

 ま、当たることもあるけれど、当たらないことだってしばしばあるのが競馬です。

 ただ、レース展開、ラップ、パトロールVTRなどを落ち着いて見直して、自分の買った馬たちの敗因を探し求めることも、次に向けての種まきのようなもの。

 この春の新潟出張でたくさんまいた(まき散らかした?)種たち。

 支局の向日葵の花よりも早く、そして大きく育って、高配当をもたらしてほしいものです。