『桜の季節』
2014/04/09 更新
 

 先週、一気に見ごろを迎えた美浦トレセンの桜。

 まだ朝晩はひんやりしていますが、昼間は薄っすら汗ばむほどの陽気。

 今週末はいよいよ2014年クラシック第一弾・桜花賞です。

 

 水曜の午後、厩舎回りをしていると、斎藤誠厩舎では桜花賞に出走予定のヌーヴォレコルト号の写真撮影の真っ最中。

 牝馬らしいコンパクトな馬体ですが、ふっくら感はキープ。前回のチューリップ賞当時よりも毛づやが良くなったように感じました。

 この後お邪魔した高市厩舎からはペイシャフェリス号が出走予定。

 1週前の追い切りでは僚馬を大きく追走して、楽な手応えで大きく先着。

 騎乗していた大西助手によると、「いやぁ、本当に力強かった。気合はギラギラのってるんだけど、かといって普段は無駄な仕草はなくて、素晴らしいデキ!!」だそうで、その表情には満面の笑みが浮かんでいました。

 今年も関西馬は強力ラインナップですが、身近に接している関東馬もやっぱり応援したいところです。