『言い訳!?』
2013/08/28 更新
    母がひと月ほど前から入院しております。

 あ、入院といっても腰の圧迫骨折。命に関わるようなものではありません。

 ただ、入院生活が長引いてだいぶストレスが溜まっている様子だし、日ごろ世話をしている父にもそろそろ疲れが出てくるころ…。

 てなわけで、休みだった先週末は熊本に帰省して、母のグチや世間話に付き合ったり、「プリンが食べたい」と言われれば売店に買いに行ったり、そして父とは家でお酒を飲んだり、ささやかながら親孝行っぽいことをして過ごしたのです。

 が、週末といえばやっぱり仕事のことが気になるわけで……病室のテレビで静かに(イヤホンで)競馬中継を観ることに。

 ちょうど日曜のBSイレブンでは夫が解説中。1つしかないイヤホンを私から奪った母は楽しそうに解説を聞いていました。

 しばらくして小倉の発走時刻。すると今度は「高倉くんは何番に乗っとらすと?」

 栗東の高倉稜騎手。実は同じご町内の出身ということで密かに応援しているらしく、またもや母にイヤホンを奪われました。

 まっ、競馬に興味を持ってくれているのは私にとっても嬉しいことです。

 ところが、新潟がスタートしてすぐ。母が慌てるようにテレビのスイッチを切りました。

 んっ、何? 周りを窺うと、検温の時間でやってきた看護士さんが私の真後ろに。そして「あ、テレビはつけたままでよかったのに(笑)」と。

 母がテレビを消した気持ちは、私にもな〜んとなく理解できます。

 真昼間の、病室のテレビで、競馬を食い入るように観ている姿を、看護士さんに見られたのは確かにバツが悪かったf(^ ^;

 テキパキと検温を済ませた看護士さんを見送りながら、「これ、私の仕事なんですよぉ!!!」と、心の中で言い訳(?)するのが精一杯なのでした。