HOME > 日刊競馬で振り返る名馬 > タイキシャトル
 
馬 題字
1997年12月14日
第31回スプリンターズS
馬柱をクリックすると別ウインドウで開き大きな馬柱を見ることができます。
馬柱 ◎衝撃のデビュー勝ち◎

 タイキシャトルのデビュー戦は3歳(当時の表記では4歳)4月。

 単勝1番人気に推されていたが、東京ダート千六の未勝利戦には、もう勝ち上がり寸前という馬が何頭かいて、初出走馬には決して楽な相手ではないと思われた。

 タイキシャトルには大変申し訳ないが、私の想像上の、レース後のインタビューに登場してもらおう。

──道中、好位でかなり行きたがっているように見えましたが
「スタートして少しの間は普通に走っていたんですが、岡部さんが『もっとゆっくり走れ』と。それで、ゆっくり走ったんですが、それでもまわりより速かったらしくて。さらにゆっくり走ろうとしたら、これがなかなか難しくて」

──4コーナーでは先頭に並んでいましたね。
「なんとかゆっくり走れたと思ったんですが、いつのまにか先頭に並んでしまって…。直線もしばらく先頭に出るのを許してくれなかったんですが、まわりの馬はバテちゃうし、どうしようかなと思っていたら、直線半ばでついにゴーサインが出て。でもほんの少しの間だったなあ」

──2着に4馬身差。圧勝でしたね。
「でも、ほとんどゆっくり走っていただけなんですよ」

──今の時点で実はあと何秒も時計を詰められるのでは?
「それは、速く走ってみないことにはわかりません」

──そ、そうですか。おそれいりました──

馬 ◎ひょっとして…◎

 その後の活躍は皆さんご存知のとおり。

 海外GI勝ちまでやってのけた。

 フランスに遠征した時に、ひと声いなないてから、悠然とパドックに入っていくタイキシャトルの映像をご覧になった方も多いことだろう。

 種牡馬としても、初年度産駒からGI馬が出るなど活躍馬多数。やっぱり成功してみせた。

 栗毛の馬体でシッポを水平になびかせて、ゆっくり走っているようなのにスイスイ先行している馬がいたら、きっとタイキシャトルの子供だ。

題字  さて、タイキシャトルには重ねがさね大変申し訳ないが、私の想像上の、引退後のインタビューに登場して下さい。

──あのお、まったくあり得ないことだとはわかっているのですが、ひとつお聞きしてよろしいでしょうか。
「はい。何でしょう」

──実は、京王杯スプリングCや海外遠征後のマイルチャンピオンシップ、他にも何度かあったような気はしますが、そのレース中に思ったことなんですが…
「はい」

馬 ──4コーナーで、居眠りしてません?
「するわけないでしょう。怒りますよ」

──でも、4コーナーから直線にかけて、他の馬は必死なのに、あなたは歩いているようにさえ見えるんです。『まずいなあ、ちょっとウトウトしてたら先頭に出ちゃったよ。岡部さん怒ってるかなあ』なんて。

「……………」

 ヒヒン、といなないてから悠然とパドックを回って、鼻歌まじりにスタートして、レース中に居眠りしているうちに先頭に立っちゃって。
 こんなことも、タイキシャトルならひょっとして、あり得るんじゃないかなあ。
〔田母神 豊〕

☆1998年度代表馬☆
☆顕彰馬☆

タイキシャトル 1994.3.23生 牡・栗毛
Devil's Bag
1981 鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Ballade Herbager
Miss Swapsco
Welsh Muffin
1987 鹿毛
Caerleon Nijinsky
Foreseer
Muffitys Thatch
Contrail
 

馬主………(有)大樹ファーム
生産牧場…米国・大樹ファーム
調教師……美浦・藤沢 和雄

通算成績 13戦11勝[11.1.1.0]
内海外 1戦1勝[1.0.0.0]
主な勝ち鞍 マイルチャンピオンシップ
   (1997、1998年)
スプリンターズステークス
   (1997年)
安田記念(1998年)
ジャック・ル・マロワ賞(仏)
   (1998年)


1997年12月14日
第31回スプリンターズS(GI) 中山 芝1200m・良
[8]16タイキシャトル牡455岡部幸雄1.07.8
[2]スギノハヤカゼ牡557田島裕和1.3/4
[6]12ワシントンカラー牡455柴田善臣1.1/2




 株式会社日刊競馬新聞社 東京都品川区大崎1-10-1