HOME > 日刊競馬で振り返る名馬 > メイズイ
 
馬 題字
1963年5月12日
第23回皐月賞
馬柱をクリックすると別ウインドウで開き大きな馬柱を見ることができます。
馬柱 ◎期待と落胆

 1963年(昭和38年)11月17日、京都競馬場。晴れ渡る秋空の下、第24回菊花賞が始まろうとしていた。4万を超す大観衆の視線の先には、セントライト以来22年ぶりの三冠制覇を目指すメイズイ。秋2戦は60キロで、ともに楽勝と意気軒昂だった。他陣営は恐れをなしたのか、菊花賞は10頭立てとなり、単勝は元返しの1.0倍。全売り上げの85パーセントがメイズイ絡みという圧倒的支持を集めた。

 一方、春は“MG決戦”と騒がれたグレートヨルカ。皐月賞・ダービーとも2着に泣き、巻き返しを狙った秋も、肩を傷めて前哨戦の京都盃を自重。不本意なローテーションを強いられ、関西のコウライオーに次ぐ3番人気に甘んじた。

 MG両馬を管理するのは、当代随一・尾形藤吉師。鞍上は、Mに森安重勝、Gに保田隆芳。心中は複雑だったが、メイズイの三冠を願っていたのは人情だろう。森安には「自然にゆけ」と指示していた。

 スタート。しばらくすると、メイズイはいつもと同じようにハナを切り、そのまま逃げ態勢に入った。悠々と駆け抜けた1周目スタンド前。もう1周、無事に回って、予定通りの大団円を迎えるだけだった。

 しかし、メイズイを見つめる尾形師の表情は険しかった。「手綱が波を打っている」。みるみる後続を引き離すと、2コーナー過ぎには30馬身もの差。メイズイのスピードに送られる無邪気な声援は、もう耳に入らなくなっていた。「重勝、どうしたんだ!」。

 メイズイが負けるはずがない。ファンもマスコミも厩舎関係者も、レース前から三冠馬誕生ムードの影響を受けていた。バックストレッチを独走する様に、レコード勝ちを飾ったダービーの姿が重なった。3コーナーから差は詰まってきたが、再スパートすれば大丈夫。もうすぐ歴史的瞬間に立ち会える。場内の興奮は高まるばかりだった。

 森安のムチが一発、二発。皆が異変に気がついたのは、直線に入ってからだった。反応がおかしい。スタミナが尽きたように外にヨレると、まず僚馬のグレートヨルカに内から交わされた。続いて、コウライオーが、パスポートが襲いかかる。

 メイズイの菊花賞は終わった。6着。三冠達成どころか、後ろから数えた方が早い惨敗を喫した。勝ったのはグレートヨルカで、名門の底力を示す形にはなったが、優勝騎手の保田も含め、厩舎スタッフにとっては何とも形容のしがたい結末であった。

 暴走か? 三冠の重圧か? 「同じ負けるにしても…」。“天下の大尾形”には不満が残った。

馬 ◎MGの歩み

 メイズイは1960年(昭和35年)3月13日、群馬県の千明牧場で生まれた。父・ゲイタイムは本場・英国ダービー2着馬。母・チルウインドは1959年(昭和34年)の皐月賞2着馬・メイタイを出している。期待を背負い、順調に育ったメイズイは、当時向かうところ敵なしの尾形藤吉厩舎に預けられ、慎重にデビュー戦を待った。

 明け4歳、63年1月3日。中山芝1200Mで10馬身差の快勝だった。2戦目をレコードで3馬身差、3戦目も4馬身差で無傷の3連勝。3戦とも鞍上は厩舎主戦のベテラン・保田隆芳。前人未到の通算1000勝が目前、43歳だった。

 メイズイの重賞初登場は4戦目、3月3日の東京記念(東京芝1600M)で、グレートヨルカと初対戦となった。前年の朝日盃3歳Sを制していたグレートヨルカは、この時点で7戦5勝。それまでも手綱を取っていた保田が、引き続きグレートヨルカに乗ることが決まり、森安にメイズイ騎乗のチャンスが巡ってきた。保田の存在は大きかったが、森安も気鋭の25歳。腕達者として知られていた。

馬  メイズイは2番人気。4頭立ての実質マッチレースは、グレートヨルカに軍配が上がった。ここで一旦はクラシック候補No.1はグレートヨルカに決まりかかったが、次のスプリングS(3月24日・中山芝1800M)ではメイズイが逃げ切って雪辱した。不良馬場とはいえグレートヨルカに4馬身差。まだ勝負付けは済んでいない。決着は皐月賞に持ち越された。

 厩務員ストライキ。皐月賞は5月12日に延期された。舞台は通常の中山から東京へ変わった。人気はグレートヨルカがわずかに上回ったが、先頭を行くメイズイを捕らえることはできなかった。その差2馬身。さらに遅れてクニイサミが5馬身差で3着だった。
 立場は逆転した。4月29日にコレヒサで天皇賞を勝ったばかりの森安にも勢いがあった。

 2分28秒7。5月26日に行なわれたダービーは、史上初めて2分30秒を切った。メイズイが後続を突き放すこと7馬身。グレートヨルカは、3着のイロハ(8番人気)を振り切るので精一杯だった。

 逃げたメイズイばかりが目立った春のクラシック。三冠制覇に向け、もはや視界をさえぎるものはなくなった。森安重勝は、栄光のダービー・ジョッキーの仲間入り。人馬とも絶頂を極めた。

◎距離の壁

 10年余りが経っていた。いろいろあった。ありすぎた。騎手生活の後半に入って、森安重勝は減量に苦しむようになっていた。普段の丸みを帯びた顔が、それを物語る。

 「距離が長かったんだよね…」。当時、東京担当のトラックマンだった梅沢直は、同席した麻雀卓で問わず語りを聞いている。脳裏から離れることは決してなかった。あの菊花賞以降、森安はメイズイでレースに臨むことは二度となかったのだ。

 〔0.2.1.3〕。メイズイの2600M以上の成績である。古馬になって保田が乗った天皇賞(3200M)では2着と8着に終わっている。逆にいえば、2500M以下の敗戦は東京記念の2着だけ。中距離での安定感は際立っている。

 思えば、三冠に煽られた菊花賞の人気集中は異常だった。そして史上に残る大逃げ。真実は正直なところ分からない。ただ、これだけはいえるだろう。速くて強かったメイズイの長所は、皐月賞とダービーにすべて集約されている、と。

〔田所 直喜〕

☆1963年度代表馬☆
メイズイ 1960.3.13生 牡・栗毛
ゲイタイム
1949 栗毛
Rockefella Hyperion
Rockfel
Daring Miss Felicitation
Venturesome
チルウインド
1946 栗毛
Wyndham Blenheim
Bossover
Heart of Midlothian Scottish Union
Eppie Adair
 

馬主………千明 康
生産牧場…群馬・千明牧場
調教師……東京・尾形藤吉

通算成績 22戦15勝[15.3.1.3]
主な勝ち鞍 皐月賞(1963年)
ダービー(1963年)


1963年5月12日
第23回皐月賞 東京 芝2000m・良
[3]メイズイ牡457森安重勝2.02.6
[1]グレートヨルカ牡457保田隆芳
[4]クニイサミ牡457伊藤竹男




 株式会社日刊競馬新聞社 東京都品川区大崎1-10-1