トップページ

新潟9日目
11R BSN賞
《昨年の好走馬に注目》
 サルサディオーネ53は中央OPでの実績はさほどないが、新潟千八は昨年このレース勝ちもある得意コース。連覇なるか注目。昨秋GV3着のナムラミラクル55は昨年このレース2着。今年2戦が案外だが立て直しなれば上位候補。前走リステッド競走3着のローズプリンスダム56は昨年3着馬。当舞台GV勝ちもあり、こちらも単圏内。他では、パンチ不足も安定性は高いピオネロ56、前残りでプレスティージオ55、差せる流れでサトノアッシュ54・ホーリーブレイズ55あたりに注意。

新潟10日目
11R 新潟2歳ステークス
《素質上位モーベット》
 モーベットは新馬戦1週目の勝ち馬。良血馬らしい順当勝ちで、まだ奥がありそうな印象。父から全幅の信頼は?でも素質は高く、要注目。当舞台で新馬勝ちのウーマンズハートは上がり3F32秒0と切れ味抜群。近親に一流短距離馬のラッキーナインがおり、血統的下地も十分でこちらも首位争いか。他では、新馬戦を離して勝ったクリアサウンド筆頭にセツメンノトビウオ・ペールエールら関西勢や、新馬→ダリア賞連勝のエレナアヴァンティ、ノーザンF産タイムマシン・トライフォーリアル・ビッククインバイオあたりが上位をうかがう。

小倉9日目
11R 釜山ステークス
《昇級3頭に注目》
 前走内容では現級2着のビックリシタナモー55だが、今回は初の千七。末一手の脚質でもあり、全幅の信頼は置きづらい。他の前走3勝クラス出走馬は4着以下で、昇級3頭に狙いが立つ組み合わせ。伸びしろでは前走で初の古馬相手に完勝した3歳ナンヨーイザヨイ53、距離適性で千七【2.2.2.0】の安定感が光るボードウォーク53、小倉コースの適性で2勝をあげているクルークハイト52。連下候補で離されたとはいえ前走4着エネスク55、2走前4着ネオスターダム55、スタートを決めればキーグラウンド56。

小倉10日目
11R 小倉日経オープン
《久々OKトリコロールブルー》
 重賞ではもうワンパンチでも、OP特別では【1.2.1.0】と好勝負を続けるトリコロールブルー。久々はむしろ走るタイプ、小回り変わりも問題なく軸としての期待。サーブルオールは前が詰まった前走を除けば、昇級後GV4着が2回とOP特別2着が1回。こちらも鉄砲は利く馬で、巻き返し注意。前走福島テレビオープンでクビ差惜敗マウントゴールド、復調気配がうかがえるアウトライアーズ。他では小倉4勝の巧者レトロロック、唯一の3歳マイネルフラップ、前走勝ちで勢いに乗るアロハリリー・ハイヒールに注意。

札幌3日目
11R ワールドオールスター
    ジョッキーズ第2戦
《洋芝巧者カリビアンゴールド》
 カリビアンゴールドは前走クイーンSに格上挑戦して3着と大健闘。洋芝【1.3.2.0】の安定性上位で、自己条件なら大崩れはなさそうだ。マイハートビートは五稜郭Sでタイム差なしの3着。5ヵ月ぶりを考えれば上々の内容、今回は上積みも見込め逆転まで。TVh賞クビ差2着と見事に巻き返したハナズレジェンド。改めて力通用を示したし、再度スムーズなら。その他では、近走も着順ほど負けていないロライマ、TVh賞3着のウインイクシード、自己条件に戻すリリックドラマに、昇級マスターコードあたりも侮れない。

札幌4日目
11R キーンランドカップ
《中心はダノンスマッシュ》
 ダノンスマッシュは函館スプリントSを除外になり、ここが5ヵ月ぶりの復帰戦。右回り千二は重賞2勝を含め【3.1.0.0】と条件ベスト、川田騎手とのコンビにも注目。セイウンコウセイは近2戦が高松宮記念2着、CBC賞3着と復調気配窺える。GT勝ちの実績一番で要注意。前走は初の千二戦で3着だったタワーオブロンドンだが、展開が厳しかった。京王杯SCレコード勝ちとスピードは確か、2戦目で反撃なるか。さらに、連覇を狙うナックビーナス、UHB賞の1、2着馬リナーテ、ライトオンキューに、充実著しいライオンボスあたりも上位争いの圏内。


特別展望 : 中央編集部






格安「新聞」印刷

個人のお客様も歓迎!
結婚記念日や還暦のお祝いなどにどうぞ。
料金は41000円(税別)からと格安でお請けいたします。一生に一度の記念日に、あなたが1面を飾る素敵な新聞はいかがですか?

その他にもフリーペーパー、個展・コンサート・学園祭などイベントのチラシ、地域コミュニティ紙、各種後援会会報、販促ちらし、学生新聞など予算を抑えつつ大量に必要な場合に最適です。 まずは下記ページをご覧になり、メールにてお問い合わせください。不明な点などがありましたら、丁寧にご説明いたします。

■お問い合わせ
  sanpei01@nikkankeiba.co.jp

詳しくはこちら≪有限会社三平印刷所≫をご覧ください。