トップページ

東京7日目
11R アハルテケステークス
《千六でも注目ワンダーリーデル》
 先行決着の前走も中団からよく差を詰めたワンダーリーデル。1F延長は鍵だが、OP特別なら力上位の存在で今回も有力。ゴライアスは連勝でOP入り。久々の千六になるが、まだ底を見せておらず勢いも魅力。ナムラミラクルは昨秋武蔵野S3着の実績。東京ダート千六は条件ベスト、立て直されて再度注目。さらに、復調した素質馬イーグルバローズに、展開向けばイーグルフェザー、エレクトロポップあたりも上位争いの圏内。

東京8日目
11R パラダイスステークス
《千四ベストのリバティハイツ》
 昨年重賞勝ちの4歳牝馬2頭に注目。フィリーズレビューを制したリバティハイツ54。前走安土城Sもクビ差2着とやはり千四ベスト、末脚生きる東京コースも歓迎。テトラドラクマ54はクイーンC勝ちが鮮やかな逃げ切り。以降苦戦続きだが立て直した前走で復調気配、叩いた上積み見込める今回は要注意。その他では、2走前に同舞台のオーロC勝ちがあるロワアブソリュー56、谷川岳S3着のキョウワゼノビア52、東京好相性のトミケンキルカス54、末脚確実ストーミーシー54あたりも上位進出を狙う。

阪神7日目
11R 垂水ステークス
《エクレアスパークルが巻き返す》
 エクレアスパークル55は阪神【2.4.0.0】とコース巧者。昇級戦の前回は京都で敗れたが、得意の阪神へ変わって巻き返しを図る。トラストケンシン55は昇級戦の前走でいきなりメド。前走人気薄で好走シャンティローザ53・プレミオテーラー52は今回が試金石。実質のトップハンデとなるメサルティム54は2走前がのちのGT馬相手の2着だが久々が鍵。昇級組もそう見劣らないが、特にアイスストーム55は末脚鋭く、ここでも通用の感触。

阪神8日目
11R 宝塚記念
《GT馬6頭競演の春グランプリ》
 ファン投票1位のアーモンドアイや障害界のオジュウチョウサンは不在でも、GT馬が6頭出走予定、グランプリにふさわしい顔ぶれとなった。前走1着は皐月賞・大阪杯のGT2勝アルアインだが、抜けた存在ではない。もう一頭のGT2勝馬レイデオロは前走ドバイSCの6着敗戦から巻き返しを期す。同じくドバイ組ではSC3着のスワーヴリチャードも昨年大阪杯ぶりの勝利を目指す。さらには昨秋から高値で安定キセキ、牡馬相手でも差し脚見劣らないリスグラシュー、もうひと花咲かせたいマカヒキも虎視眈々。GT初勝利を狙う組では堅実派エタリオウ。横山典騎手との新コンビにも注目。穴は昨年3着ノーブルマーズ。

函館3日目
11R 大沼ステークス
《リアンヴェリテの逃走劇》
 千七2戦2勝の距離適性、前走栗東Sハナ差2着と近況もいいリアンヴェリテ。すんなり運べば粘り込み。平安Sハナ差惜敗は価値が高いモズアトラクション、前2走大敗でも昨夏エルムS勝ちの実績上位はハイランドピーク。千七6戦6連対フュージョンロック、前走マーチSで0秒3差とメドが立ったロードゴラッソも要注意。ツボにはまってカゼノコの末脚、立て直して2走前ベテルギウスS2着を見直すマイネルバサラ、昇級サトノプライムの勢いもマーク。

函館4日目
11R UHB杯
《難解なハンデ戦》
 少し小粒感の漂うハンデ戦。先週競走除外で今週出走のショウナンタイガ53。2走前はGVファルコンSで4着と善戦、3歳馬で伸びしろも十分。ショウナンと同じ世代からは昇級ジョーマンデリン51、発馬五分でルマーカーブル52の巻き返し。末脚鋭いシンデレラメイク53・タイセイソニック54、紛れてシュエットヌーベル52・センショウユウト54の浮上も。


特別展望 : 中央編集部






格安「新聞」印刷

個人のお客様も歓迎!
結婚記念日や還暦のお祝いなどにどうぞ。
料金は41000円(税別)からと格安でお請けいたします。一生に一度の記念日に、あなたが1面を飾る素敵な新聞はいかがですか?

その他にもフリーペーパー、個展・コンサート・学園祭などイベントのチラシ、地域コミュニティ紙、各種後援会会報、販促ちらし、学生新聞など予算を抑えつつ大量に必要な場合に最適です。 まずは下記ページをご覧になり、メールにてお問い合わせください。不明な点などがありましたら、丁寧にご説明いたします。

■お問い合わせ
  sanpei01@nikkankeiba.co.jp

詳しくはこちら≪有限会社三平印刷所≫をご覧ください。