トップページ

東京6日目
11R 富士ステークス
《エアスピネル連覇なるか》
 マイラーズC3着以来の実戦となるエアスピネル。昨年は強敵相手に快勝と条件はベスト、悲願のGT制覇へ弾みをつけたい。昨年のマイルCS覇者ペルシアンナイト。安田記念6着は前が塞がった影響もあり参考外、今回59キロは鍵だが改めて注目。ヴィクトリアマイルでは見せ場十分の3着だったレッドアヴァンセ。血筋からも東京マイル戦はベスト、牡馬相手でも侮れない。さらにマイル路線に切り替えてきた3歳馬ジャンダルム、安定して力発揮のロジクライ、末脚確実なワントゥワンに、地方から参戦ハッピーグリンあたりも上位進出を狙う。

東京7日目
11R ブラジルカップ
《巻き返し狙うグレイトパール》
 平安S、シリウスSと1番人気に応えられていないグレイトパール57.5。案外な結果が続き信頼?だが、ダート転向後、重賞2勝を含む6連勝した底力に改めて期待。ラインルーフ56は名鉄杯の勝ちっぷりが圧巻。行きっぷりが良くなかった前走参考外、リズムよく運べれば巻き返しも可能。OPの壁に跳ね返された格好のミキノトランペット54だが、久々+重賞では仕方のない面も。上積みあれば変わっていい。さらに、関東オークスを制したハービンマオ51、長期休養明けも力あるピオネロ56、初ダートのトーセンビクトリー55あたりも侮れず、圏内は混戦。

京都6日目
11R 室町ステークス
《大混戦のハンデ特別》
 重賞ではもう一歩…という馬がほとんどで、枠が足りないくらいの顔ぶれ。中では2走前に交流重賞制覇のテーオーヘリオス57が目立つが、千二で崩れないコウエイエンブレム57.5、京都で崩れないブルミラコロ56、末堅実アードラー55、叩いたスマートアヴァロン57・ドライヴナイト56ら舞台常連組もそう力差はない。さらには、古豪ブライトライン57.5や昇級ヴェンジェンス54、クラス2戦目オールドベイリー54も侮れない。ダートで新馬を勝っているゴールドクイーン51が伏兵候補。

京都7日目
11R 菊花賞
《ラスト一冠はどの馬に》
 ダービー馬不在でやや混戦模様のクラシック最終戦。皐月賞馬エポカドーロは前走で初めて連対を外したが、ひと叩きで前進、二冠達成を狙う。その他の首位候補もまずクラシック上位組。ダービー3着コズミックフォース、4着エタリオウはトライアルを叩いて型通り逆転態勢。5着ブラストワンピースの素質はGT級、前走古馬を一蹴し世代屈指の力は証明済みでここも注目。トライアルを勝利した皐月賞3着ジェネラーレウーノは、どんなペースにも対応できる強み。春二冠はひと息も2歳重賞を勝っているグレイルは前走復調気配。さらにはラジオNIKKEI賞1・2着のメイショウテッコン・フィエールマン、条件戦快勝アフリカンゴールド・グロンディオーズ・グローリーヴェイズも怖い。

新潟3日目
11R 飛翼特別
《好配当も十分》
 前走は準OP稲妻Sで2着のホウオウスクラム55。これで千直は1、2着と適性抜群。3歳馬で実質、単独でのトップハンデでも1000万クラスなら勝ち負け。夏の新潟千直で2着アーヒラ52・シルヴァーコード53、前走稲妻S4着ミキノドラマー55も上位をうかがう。昇級組からはジュリーハーツ51・ソレイユフルール52、千直初挑戦ではクリノスイートピー51あたりに注意。

新潟4日目
11R 北陸ステークス
《意欲の連闘タガノヴィッター》
 タガノヴィッターが意欲の連闘策。前走5着は好時計2着の2走前を考えれば物足りない内容だが、2勝の新潟千二・相手弱化で巻き返しに期待。タガノアムは前走の末脚が印象的。昇級戦でも勢い十分で侮れない。夏の同舞台の越後S4、5着ディープミタカ・ニホンピロヘーゼルはハンデ→定量戦変わりでもマーク。前走は脚を余したビービーサレンダー、近走は芝でひと息のラズールリッキーもダートで現級2着の実績があり、伏兵候補。


特別展望 : 中央編集部






格安「新聞」印刷

個人のお客様も歓迎!
結婚記念日や還暦のお祝いなどにどうぞ。
料金は41000円(税別)からと格安でお請けいたします。一生に一度の記念日に、あなたが1面を飾る素敵な新聞はいかがですか?

その他にもフリーペーパー、個展・コンサート・学園祭などイベントのチラシ、地域コミュニティ紙、各種後援会会報、販促ちらし、学生新聞など予算を抑えつつ大量に必要な場合に最適です。 まずは下記ページをご覧になり、メールにてお問い合わせください。不明な点などがありましたら、丁寧にご説明いたします。

■お問い合わせ
  sanpei01@nikkankeiba.co.jp

詳しくはこちら≪有限会社三平印刷所≫をご覧ください。