トップページ

新潟7日目
11R 日本海ステークス
《降級有利ポポカテペトル》
 前走目黒記念4着のポポカテペトル。昨年菊花賞3着の実力馬で降級は断然有利だし、当舞台での勝ち鞍もある。中心は譲れない。準OPで3連続3着と足踏みが続くルックトゥワイスだが、安定性は高い。内回りOKで今回も注目。前走案外のレジェンドセラーは斤量差が響いたか。現級勝ちの実績があり、見直し必要。3歳馬ケイティクレバー、近況いいグランドサッシュも小差。穴で自己条件に戻すフェイズベロシティ、昨年3着のトレジャーマップ。

新潟8日目
11R NST賞
《オールドベイリー4連勝なるか》
 条件戦3連勝でOP入りしたオールドベイリー54の勢いに注目。いずれも危なげない完勝劇、連勝を伸ばせるか。結果的に千四は長かったドリームドルチェ55。千二ならここでも通用の力あり、まだ見限れない。初芝+直線競馬に対応できなかった前走は参考外のベストマッチョ56。ダートのベスト距離で改めて期待。さらに、鋭い決め手が魅力のアードラー54、昇級後も大崩れないベック55、準OPで連続好走のスティンライクビー49あたりも上位進出を狙う。

小倉7日目
11R TVQ杯
《3歳コマビショウが一歩リードか》
 コマビショウ54はレパードSを除外され自己条件のここへ。そのぶん調整は進んでおり、ハンデも古馬トップと2キロ差なら許容範囲内。2月に500万を快勝した舞台で3勝目を狙う。対する古馬勢はこの夏降級の4歳5頭が56キロでスタンバイ。近況重視ならダンツゴウユウ・ナムラヘラクレス・ホーリーブレイズ、久々も2走前の1600万で0秒1差4着が光るタガノグルナ。連闘となるが前走の走破時計が優秀な3歳牝馬ケールダンセール50、ひと叩きしたアンナペレンナ53(抽選対象)・ケルティックソード55(抽選対象)、舞台適性高いモンストルコント54あたりも侮れない。

小倉8日目
11R 北九州記念
《連覇か、連勝か》
 昨年覇者のダイアナヘイロー55.5が実質のトップハンデ。休み明けの前走は前が壁になり不完全燃焼、叩いて一変も十分で連覇の期待がかかる。勢いなら前走で重賞初制覇を飾ったアレスバローズ56、ダイメイプリンセス55。CBC賞での比較から、千二なら前者か。最近安定感を増してきたセカンドテーブル56や、軽量3歳のアサクサゲンキ53・ゴールドクイーン51・ラブカンプー51も上位候補。前傾ラップで差し決着ならナガラフラワー52にも再びチャンス。

札幌1日目
11R 札幌日刊スポーツ杯
《堅実みではララエクラテール》
 トップハンデは55.5キロの牝馬ブラックオニキス。距離OKは前走で証明、降級2戦目で格好もつけたが、やはり他馬との斤量差は気になる。北海道150年記念でこれに先着したララエクラテール55は斤量2キロ減有利。近走は大崩れなく、今回も上位を争いそうだ。同レースで5着アルムフォルツァ53は休み明けを叩いての変わり身に注意。前走初の二六で現級2着と、適性を示したのがオリエントワークス52。ハンデも1キロ増でとどまり、要注意の存在。他では昇級ゴールドフラッグ53。全兄ゴールドシップ同様、切れないがバテないタイプ。スタミナを問われる洋芝の長丁場はもってこいだろう。連下でアインザッツ55・シャリオヴァルト54・マイネルクラフト54。

札幌2日目
11R 札幌記念
《夏の大一番》
 1着賞金が7000万円、定量戦で争われる夏競馬唯一のGU戦。今年はGT馬が3頭参戦、他も粒ぞろいで例年以上の好メンバーがそろった。2年前のダービー馬マカヒキはもう2年近く勝ち星がないが、ポテンシャルの高さはピカイチ。骨折による長期ブランクは不利でも、秋へ向けて好発進を決めたい。ネオリアリズムは昨春香港でGT勝ち。当レースの2年前覇者で札幌コースは3戦3勝と大得意。モズカッチャンは昨秋エリザベス女王杯勝ち。2走前の京都記念小差4着から牡馬一線級相手でも通用。血統背景から初の洋芝も歓迎か。前走GT5着サングレーザー・ミッキースワロー、連覇を狙うサクラアンプルール、連勝で勢いに乗るマイスタイルなど狙える馬は多い。


特別展望 : 中央編集部






格安「新聞」印刷

個人のお客様も歓迎!
結婚記念日や還暦のお祝いなどにどうぞ。
料金は41000円(税別)からと格安でお請けいたします。一生に一度の記念日に、あなたが1面を飾る素敵な新聞はいかがですか?

その他にもフリーペーパー、個展・コンサート・学園祭などイベントのチラシ、地域コミュニティ紙、各種後援会会報、販促ちらし、学生新聞など予算を抑えつつ大量に必要な場合に最適です。 まずは下記ページをご覧になり、メールにてお問い合わせください。不明な点などがありましたら、丁寧にご説明いたします。

■お問い合わせ
  sanpei01@nikkankeiba.co.jp

詳しくはこちら≪有限会社三平印刷所≫をご覧ください。