トップページ

中山1日目
11R アクアマリンステークス
《安定感魅力のアッラサルーテ》
 クビ差及ばなかった前走も、コース取りの差を考えれば負けて強しの内容だったアッラサルーテ54。昨年3着、中山千二なら安定して力発揮で引き続き有力。ダイトウキョウ55も準OPで5、4、2着と当舞台は好相性。決め手が生きる流れなら。ショウナンアエラ56、タケショウベスト53は千二に戻して改めて。現級勝ちあるオーヴィレール53にも注意。

中山2日目
11R 中山記念
《GT馬5頭含む豪華メンバー》
 GT馬5頭が参戦。慶祝競走にふさわしい、豪華メンバーが集結した伝統のGU戦。中心は昨年重賞2勝、海外GT【0.1.1.0】と牡馬相手でも互角の力を示したディアドラ。中山コースOK、ドバイへ向けて好発進を決めたい。昨秋が案外だったエポカドーロだが、皐月賞1着、ダービー2着とハイレベルな4歳世代屈指の実力馬。距離短縮で得意の中山、先行力も魅力。強豪古馬相手にマイルCSを制覇したステルヴィオだが、二千までは十分守備範囲。コンビを組む丸山騎手の手綱さばきにも注目。中山巧者ウインブライトは使ってきた強み。この舞台なら力も見劣らない。さらに、ジャパンC3着以来のスワーヴリチャード、立て直したラッキーライラック、地方馬ハッピーグリンも上位の圏内。

阪神1日目
11R 仁川ステークス
《連勝狙うアングライフェン》
 前走アルデバランS組に注目。早めの立ち回りで久々の勝利をあげたアングライフェン56は、7歳でも衰えを見せず。ハンデ戦の今回も楽しみ。2、3着のナムラアラシ57、ピオネロ56はやや展開も味方した印象。妙味は脚余した感ある6着モズアトラクション55に、太め残りで厳しい流れを先行した11着テルペリオン54の巻き返しか。その他では、OPでも即メド立てたホーリーブレイズ55、東海S4着と大崩れがないコスモカナディアン55に、昇級キクノルア54あたりも差はなく続く。

阪神2日目
11R 阪急杯
《ダイアナヘイロー連覇なるか》
 注目は同舞台で行われた昨年末の阪神カップ上位組。1着ダイアナヘイローは昨年の当レースも制覇。実力馬が完全に復調しており、得意の舞台で重賞4勝目を狙う。半馬身及ばずの2着だったミスターメロディは、芝・ダート問わず掲示板を外さない安定性が魅力。充実の4歳、GTに向け弾みをつけたい。内々回って3着とはいえ、重賞でも通用の力示したスターオブペルシャはもちろん、4着ダイメイフジも千四なら見直し可能。他では、7歳でも力あるレッツゴードンキ、距離短縮で巻き返し図るロジクライに、昇級エントシャイデン、タイムトリップあたりも侮れず、上位圏内は混戦。

小倉5日目
11R 周防灘特別
《波乱含みの混戦》
 近走成績では、開催1週目の帆柱山特別2、3着ボーンスキルフル・アリンナに目がいくが、ハンデ→定量戦変わりでともに2キロ増。信頼度は高くなく、チャンスのある馬は多い組み合わせ。メジャーレートは発馬五分なら見直し可能、フナウタは好相性の小倉コースで再注目。勢いなら昇級ゲンパチケンシン・コンパウンダー。千二への距離短縮でタイセイソニック・ニシノウララ、前走不完全燃焼で意欲の連闘タイセイブレークも見限れない存在。

小倉6日目
11R 下関ステークス
《軸向きはブライティアレディ》
 前走はハンデ51キロとはいえ、OPへの格上挑戦で4着と健闘したブライティアレディ。小倉千二は昨夏現級2着の舞台、相手なりの堅実派で連軸候補の筆頭。前走現級3〜5着ミトノレインボー・レーヴムーン・メイショウカリン・ブラッククローバーが逆転を狙う。他では、4走前に同条件3着スマートグレイス、2走前現級0秒1差ファミーユボヌール。現級勝ちの実績馬テルメディカラカラ・レッドラウダは、この条件がベストとは?


特別展望 : 中央編集部






格安「新聞」印刷

個人のお客様も歓迎!
結婚記念日や還暦のお祝いなどにどうぞ。
料金は41000円(税別)からと格安でお請けいたします。一生に一度の記念日に、あなたが1面を飾る素敵な新聞はいかがですか?

その他にもフリーペーパー、個展・コンサート・学園祭などイベントのチラシ、地域コミュニティ紙、各種後援会会報、販促ちらし、学生新聞など予算を抑えつつ大量に必要な場合に最適です。 まずは下記ページをご覧になり、メールにてお問い合わせください。不明な点などがありましたら、丁寧にご説明いたします。

■お問い合わせ
  sanpei01@nikkankeiba.co.jp

詳しくはこちら≪有限会社三平印刷所≫をご覧ください。