トップページ

東京3日目
11R 青葉賞
《ダービーへの切符は2枚》
 前走京成杯では勝ち馬には競り負けたものの、しぶとく伸びて2着は確保したランフォザローゼス。新馬勝ちの東京コースも歓迎、ダービー出走へ結果を出したい。新馬戦以来のレースで毎日杯2着と、改めて素質の高さを示したウーリリが強敵。初めての関東遠征だが、広いコースは合っていそうで要注意。2戦2勝のピースワンパラディは千六→二四への距離延長が鍵となるが、決め手の鋭さはここでも通用の感。さらに、500万勝ちが好内容だったアドマイヤスコール、カウディーリョ、サトノラディウス、リオンリオンに、当舞台を経験しているキタサンバルカンあたりも上位の圏内。

東京4日目
11R スイートピーステークス
《1着馬にオークスの優先出走権》
 初勝利に4戦かかったセリユーズだが、500万の前走は直線楽々抜け出して2連勝。まだ余力を感じさせており、OPのここでも主役。強豪相手のクイーンC4着カレンブーケドールも高い素質を秘める。クビ差の3着馬が先週GUで3着、初戦はダノンキングリーとアタマ差の接戦。力は重賞でも通用する。折り合い面から距離短縮歓迎のクールウォーターはキャリア2戦。まだまだ上積みが見込める。その他では、君子蘭賞2着のサムシングジャスト、前走スムーズさ欠いたアフランシールに、立て直しなればレッドアネモスあたりも侮れない。

京都3日目
11R 天皇賞(春)
《脱・シルバーコレクターなるかエタリオウ》
 ここまでキャリア1勝ながらGT級の力は示しているエタリオウ。未勝利戦以来の勝ち星を挙げて、父より一歩先にシルバーコレクターの返上を狙う。それに昨秋菊花賞で競り勝ったフィエールマンはメンバー中唯一のGTホース。ディープインパクト産駒の鬼門ともいえるこのレースだが、勝ってジンクス打破といきたい。続くのは、まず日経賞Vのメイショウテッコンだが、阪神大賞典2着のカフジプリンスやダイヤモンドSを快勝したユーキャンスマイルあたりが距離適性で上回る可能性も。昨年3着クリンチャーはフランスでもまれた経験。久々を叩いて昨年以上の期待。充実ぶり目立つグローリーヴェイズ、昨年5着チェスナットコート、ベテランのパフォーマプロミス・リッジマンあたりも侮れない。

京都4日目
11R 天王山ステークス
《得意舞台でOP2勝目狙うヤマニンアンプリメ》
 前走牡馬まじりの交流重賞2着のヤマニンアンプリメ。4勝をあげている京都ダート短距離は条件ベスト、順調さも味方して前々走に続くOP2勝目を狙う。ダートに転じて2、2、4着と安定しているジューヌエコールは現時点で除外対象だが、スピードがあり直線平坦の京都も向いている印象。出走なればこちらも有力。千二で近走OP勝ちのあるオールドベイリー・ホウショウナウや立て直したタテヤマ、前走交流重賞3着のヒロシゲゴールド、昨年覇者テーオーヘリオスにも通用の力。まぎれてタムロミラクル・ニットウスバル、単騎で行ければナンチンノンあたりの出番も。

新潟1日目
11R 駿風ステークス
《適性注目レッドラウダ》
 開幕日のメインは名物直線競馬。外枠有利で枠順にも注意したいが、適性重視なら過去にこの舞台で現級勝ちのあるレッドラウダ。近2走二桁着順を度外視して再注目。勢いでは昇級組にありそう。連勝中のウインストラグル・ジョーカナチャン、逃げて完勝だったカッパツハッチ。他では、2走前準OP3着ラフィングマッチ、3走前準OP2着スビールアスールをマーク。穴めでクラウンルシフェル・コパノディール。

新潟2日目
11R 新潟大賞典
《圏内多数で配当妙味》
 春の新潟開催で唯一の重賞は上下差3.5キロのハンデ戦。ハンデ頭57.5キロはミッキースワロー。昨年は一連強豪相手の競馬で勝ちがなかったが、今回は充電完了のGV。5頭いるハンデ57キロの組では小差が続くアストラエンブレム・エアアンセム、4走前新潟記念2着の舞台で巻き返しを狙うメートルダールに注意。連覇を狙うスズカデヴィアスは近況がさえず…。他では、新潟2勝のコース巧者ルックトゥワイス55・ランガディア54、昇級でも連勝の勢い魅力メールドグラース54・ロシュフォール55。


特別展望 : 中央編集部






格安「新聞」印刷

個人のお客様も歓迎!
結婚記念日や還暦のお祝いなどにどうぞ。
料金は41000円(税別)からと格安でお請けいたします。一生に一度の記念日に、あなたが1面を飾る素敵な新聞はいかがですか?

その他にもフリーペーパー、個展・コンサート・学園祭などイベントのチラシ、地域コミュニティ紙、各種後援会会報、販促ちらし、学生新聞など予算を抑えつつ大量に必要な場合に最適です。 まずは下記ページをご覧になり、メールにてお問い合わせください。不明な点などがありましたら、丁寧にご説明いたします。

■お問い合わせ
  sanpei01@nikkankeiba.co.jp

詳しくはこちら≪有限会社三平印刷所≫をご覧ください。