トップページ

中山3日目
11R 師走ステークス
《近況いいメイショウワザシに注目》
 阿蘇S、シリウスSと厳しいペースをしぶとく粘り込んだメイショウワザシ55に注目。初めての関東輸送だが、リズム良く運べれば今回も上位争いだろう。マイネルユキツバキ56は前走の福島民友CでOP初勝利。【3.2.1.1】と得意の中山千八なら連勝も十分。ラビットラン55の前走は4角でゴチャつく場面もあり参考外。交流重賞での実績から、OP特別のメンバーなら巻き返し可能。その他では、当舞台なら見直せるローズプリンスダム56.5、久々でも力あるクラシックメタル55、初ダートで怖いエアアンセム57あたりも侮れない。

中山4日目
11R カペラステークス
《連覇狙うコパノキッキング》
 当レース連覇を狙うコパノキッキング中心。千二は【5.1.1.0】。昨年は追い込み競馬で勝っており、脚質面の自在性は高く、藤田菜Jの手綱さばきにも注目。ゴールドクイーンは57キロを背負いながら好時計で楽勝した2走前が圧巻。55キロの今回はさらにスピードを生かせそうだ。OP初戦の前走も2着と充実ぶり目立つテーオージーニアス。コース経験もあり、重賞でも侮れない。その他では、発馬スムーズなら見直せるヒロシゲゴールド、当舞台では1、3、4着と崩れないシュウジに、昨年4着のタテヤマあたりも上位進出を狙う。

阪神3日目
11R リゲルステークス
《傑出馬不在で混戦》
 前走OPで5着以内に入った馬はおらず、昇級組もまったく見劣らない。カリビアンゴールドは3走前に格上挑戦のGVで3着と力上位は証明済み。サウンドキアラもGTを除けば今期6戦すべて3着以内と充実。人気薄で連勝中ブルベアトリュフも先行が板についてきた。前走OP出走馬では、近年このレースで活躍目立つ3歳馬のランスオブプラーナ。GV含む3戦全勝の阪神で再注目。コース相性では8戦5連対のレインボーフラッグ。末生きる展開でエントシャイデン・フロンティア・マイネルフラップ、道悪ならキョウヘイにも注意。

阪神4日目
11R 阪神ジュベナイルフィリーズ
《素質一流リアアメリア》
 デビュー前から大きな期待をかけられていたリアアメリアがそれに応え、2戦2勝でこの舞台へ。まだ荒削りな面があるが、持てる素質はかなりのもの。無傷の戴冠なるか注目。ここまで無敗の馬は他に2頭。新潟2歳S覇者ウーマンズハートは、新潟とはいえ2戦とも上がり3Fは32秒台と決め手非凡。ファンタジーS覇者レシステンシアは先行抜け出しの高いレースセンスで1Fの距離延長に対応したい。牡馬相手のGVで2着に入ったクラヴァシュドールだが、当時は勝ち馬が強すぎた印象。自身の時計も破格で互角以上の評価も。以下は少し差があって、牡馬相手のOP好走オータムレッド・クリスティ・ルーチェデラヴィタ・ロータスランド、1勝クラス特別勝ちのマルターズディオサ・ヤマカツマーメイドが連下候補。

中京3日目
11R 中日新聞杯
《本格化気配マイネルサーパス》
 先週のチャレンジCから3週続けて芝千八〜二千のGV・リステッド競走。メンバー分散、ハンデの妙もここはありそうだが、3〜4歳が多い点で将来に希望も。勝ち癖ついたマイネルサーパス55は一気に重賞制覇へ。軌道に乗せたいサトノソルタス54、叩いて変わり身はアイスストーム54・アイスバブル55・ラストドラフト55。2走前にこの舞台勝ちのカヴァル54は典型的な左回り巧者。前々で粘り込むタニノフランケル55・ロードヴァンドール55、GVならばサトノガーネット53も大差はない。連下もアドマイヤジャスタ54・ジェシー54と激戦。

中京4日目
11R 飛騨ステークス
《信頼度一番メモリーコロネット》
 千四に自信はメモリーコロネット。2走前レコード勝ち、中京コースも3戦3連対で頭ひとつリードの感。切れ者の牝馬アクアミラビリス・ミュージアムヒル、脚を温存すればナランフレグも鋭く迫る。前走3、4着ジョーアラビカ・ドルチャーリオも展開しだいで浮上。叩いて前進グランドロワ、まだ見限れないアバルラータ・アンリミット・ワンアフターまでマーク。


特別展望 : 中央編集部






格安「新聞」印刷

個人のお客様も歓迎!
結婚記念日や還暦のお祝いなどにどうぞ。
料金は41000円(税別)からと格安でお請けいたします。一生に一度の記念日に、あなたが1面を飾る素敵な新聞はいかがですか?

その他にもフリーペーパー、個展・コンサート・学園祭などイベントのチラシ、地域コミュニティ紙、各種後援会会報、販促ちらし、学生新聞など予算を抑えつつ大量に必要な場合に最適です。 まずは下記ページをご覧になり、メールにてお問い合わせください。不明な点などがありましたら、丁寧にご説明いたします。

■お問い合わせ
  sanpei01@nikkankeiba.co.jp

詳しくはこちら≪有限会社三平印刷所≫をご覧ください。