トップページ

中山1日目
11R アクアマリンステークス
《千二適性高いロードセレリティ》
 千二への距離短縮で安定性が増したロードセレリティ57。もともと現級勝ちがある実力馬で引き続き注目。アッラサルーテ53はサンライズSで小差の4着。久々の千二でも崩れず、慣れ見込める今回はさらに前進可能。オールインワン57は前走スタート後に挟まれる不利。スムーズならこのクラス上位の存在で巻き返しに注意。他では、昨年アイビスサマーダッシュ3着の実績あるレジーナフォルテ53、ひと叩きで上積み見込めるワンアフター55、昇級エンゲルヘン53あたりも差はなく圏内は混戦。

中山2日目
11R 中山記念
《伝統のGUに豪華メンバー集結》
 GT馬3頭を含む豪華メンバーが集結した伝統のGU戦。最注目は昨年のマイルCS覇者ペルシアンナイト。皐月賞2着の実績からコース・距離ともに問題なく、好勝負は必至か。エリザベス女王杯では折り合いを欠き5着に敗れたヴィブロス。ドバイターフの勝ちっぷりを見ても、距離短縮はプラスで巻き返しの期待。秋華賞7着以来となるアエロリットだが、NHKマイルC、クイーンSの勝ちっぷりは鮮やか。こちらも二千→千八はプラスで、リズム良く運べれば。さらに、着実に地力強化のウインブライト、札幌記念勝ち馬サクラアンプルール、連勝中のマイネルハニーあたりも上位を窺う。

阪神1日目
11R 仁川ステークス
《大混戦のハンデ戦》
 トップハンデを背負う重賞2勝のアスカノロマン57.5は近況ひと息。どの馬にもチャンスがありそうな組み合わせとなっている。交流GT2着のある4歳サンライズソア56は、前走崩れたが元来は堅実駆けタイプ。斤量も許容範囲で見直し必要。アルデバランSからの臨戦馬は勝ったナムラアラシ56はもちろん4、6、7、8着のマイネルオフィール54・シャイニービーム54・サンマルデューク55・ヒロブレイブ54も圏内。2走前2着アドマイヤロケット54は当時と同じ斤量で巻き返し。昇級ロイヤルパンプ53、ダートOKモンドインテロ57にも注意。

阪神2日目
11R 阪急杯
《高松宮記念前哨戦》
 スプリントGT2勝のレッドファルクスは今年始動戦。休み明けを苦にしないタイプでもあり、GU勝ちを含め5勝を挙げている千四で、GT3勝目へ向けて好発進を決めたい。前走阪神カップで連勝が4でストップしたモズアスコットだが着差はわずか。地力強化著しい4歳馬、充電でさらなる成長あれば逆転も。前走初の芝でいい末脚をみせたモーニンが単穴候補。以下、ムラ駆けも実力はここでも引けをとらないカラクレナイ・シュウジ、千四への対応が鍵だが先行力強みのダイアナヘイロー。伏兵で千四の複勝率10割の堅実派ディバインコード。

小倉5日目
11R 皿倉山特別
《グローブシアターの勝機》
 上下差の大きい組み合わせ。チャンス到来は良血馬グローブシアター。昇級後は連続4着だが、2走前は極悪馬場、前走はブランクが影響。順調に使える今回は勝ち負けまで。前走の勝ちっぷりが良かった昇級テーオーフォルテが対抗格。早めに動けるアドマイヤメテオ、脚をタメる形で良さが出たジャッキーの前走小倉好走組に、積極的なレースで新味を見せたプティットクルール。小倉二千で好時計勝ちミトノグラス、久々でも実績上位タイセイアプローズが伏兵。

小倉6日目
11R 関門橋ステークス
《上位拮抗ムード》
 落ち着いた頭数になりそうだが、傑出馬は不在。安定感が目立つのは好走続きのプロフェット。 ただ、約2年勝ち星がなく、単向きとは言い難いところ。得意の小倉に向けて調子を上げてきたレトロロックの前進、勢い注意は昇級ブランドベルグ・メイショウフェイク。自己条件で見直すタニノアーバンシー、久々でも素質確かなナイトバナレットまで勝ち負け候補。複穴でオブリゲーション・サンライズタイセイあたり。


特別展望 : 中央編集部






格安「新聞」印刷

個人のお客様も歓迎!
結婚記念日や還暦のお祝いなどにどうぞ。
料金は41000円(税別)からと格安でお請けいたします。一生に一度の記念日に、あなたが1面を飾る素敵な新聞はいかがですか?

その他にもフリーペーパー、個展・コンサート・学園祭などイベントのチラシ、地域コミュニティ紙、各種後援会会報、販促ちらし、学生新聞など予算を抑えつつ大量に必要な場合に最適です。 まずは下記ページをご覧になり、メールにてお問い合わせください。不明な点などがありましたら、丁寧にご説明いたします。

■お問い合わせ
  sanpei01@nikkankeiba.co.jp

詳しくはこちら≪有限会社三平印刷所≫をご覧ください。