トップページ

中山6日目
11R ニューイヤーステークス
《地力十分のアルーシャ》
 間隔があいたアルーシャだが、前走信越S勝ちの際も5ヵ月ぶりだった。休み明けは苦にせず、京都牝馬S4着と地力十分。中山もOKで中心。昨年は3歳馬の身で中京記念を制したグルーヴィット。以降が案外だが、2走前は特殊なペース、前走は久々のダート戦と仕方のない面も…。OP特別なら巻き返していい。プロディガルサンは中山【2.2.2.1】のコース巧者。唯一の着外の京成杯AH5着も後方からしぶとく伸びており、安定性は高い。その他では、リゲルS2着のキョウヘイはもちろん、2走前京成杯AH3着のジャンダルム、前走不利があったシャイニービーム、徐々に復調気配窺えるプラチナムバレットあたりの巻き返しも期待。

中山7日目
11R 京成杯
《牡馬を一蹴! 超大物スカイグルーヴ》
 スカイグルーヴの新馬戦は持ったまま、後続を突き放す圧勝。ラストの加速ラップも優秀。中山二千になってから牝馬の京成杯勝ちはないが、ポテンシャルは相当高い。ヒュッゲは2戦目で勝ち上がると、次走エリカ賞も押し切り連勝。当舞台も合いそうで、重賞初制覇なるか。ゼノヴァースはスムーズに運べた前走が優秀な走破時計。まだ余力を感じさせており、重賞のここでも侮れない。さらに、京都2歳S3着のロールオブサンダー、エリカ賞3着のディアスティマ、良血キングオブドラゴンあたりも上位進出を狙う。

京都6日目
11R 羅生門ステークス
《ラプタス4連勝なるか》
 ラプタス55はダートに転じてから3連勝と一気の出世。昇級戦で実質のトップハンデは楽ではないが、3戦3勝のダート千四ならこのクラスも突破できても。優先馬では2走前に現級2着のエルプシャフト56・クライシス55も圏内だが、ムラぎみだったり距離適性に?だったりと軸としての信頼はひと息。初ダートのダノンジャスティス55も半信半疑ながら、こなせば単の魅力。権利持ち以外の組では前走2着キラービューティ53筆頭に、前走小差のメイショウヤクシマ54・ロードラズライト55・ワンダーアマービレ53に注意。これらをまとめて上回るとすれば、前走同舞台快勝スマートアルタイル55の差し脚。

京都7日目
11R 日経新春杯
《重賞2勝目を狙うレッドジェニアル》
 菊花賞6着以来のレッドジェニアル56は、のちのダービー馬を抑えての重賞勝ちなど世代上位の実力馬。初の年長馬相手でも期待が大きい。前走で初重賞制覇を飾ったサトノガーネット55や昨秋アルゼンチン共和国杯2、3着のタイセイトレイル55・アフリカンゴールド55も上位候補。以下はあまり差はなく、得意な距離に戻すプリンスオブペスカ54や2年前当レース2着ロードヴァンドール55、昇級レッドレオン54あたりが続く形。格上挑戦組からはメロディーレーン49・モズベッロ52が軽ハンデの伏兵。

小倉1日目
11R 愛知杯
《激戦模様のハンデ戦》
 2011年以来の小倉での施行だが、もつれるハンデ戦のイメージは変わらないか。エリザベス女王杯4着健闘センテリュオ55、不利があって6着のサラキア55はGVなら威張れる。どちらも小倉コースでは好時計勝ちの実績。パッシングスルー54は秋華賞でGTの壁に当たったが、紫苑S勝ちの2走前を見直し。小倉3戦3連対の巧者アロハリリー55、衰え知らずの古豪デンコウアンジュ56、さばいて伸びるフェアリーポルカ53。アルメリアブルーム53・ポンデザール54・レッドランディーニ52も流れ・展開ひとつの感触。

小倉2日目
11R 巌流島特別
《久々こなせばメイショウキョウジ》
 昇級後3戦はすべて2着、小倉適性も高いメイショウキョウジ。3カ月ぶりで急仕上げぎみの攻め過程は気になるが、連軸候補。スピードに秀でたケイアイサクソニー・ボーンスキルフル、堅実駆けヒロイックアゲン・コウエイダリアも上位をうかがい、マッスルマサムネは3走前3勝クラス3着の得意舞台で変身注意。イーサンパンサー・コンパウンダー・ブラックダンサーも差がなく続く。


特別展望 : 中央編集部






格安「新聞」印刷

個人のお客様も歓迎!
結婚記念日や還暦のお祝いなどにどうぞ。
料金は41000円(税別)からと格安でお請けいたします。一生に一度の記念日に、あなたが1面を飾る素敵な新聞はいかがですか?

その他にもフリーペーパー、個展・コンサート・学園祭などイベントのチラシ、地域コミュニティ紙、各種後援会会報、販促ちらし、学生新聞など予算を抑えつつ大量に必要な場合に最適です。 まずは下記ページをご覧になり、メールにてお問い合わせください。不明な点などがありましたら、丁寧にご説明いたします。

■お問い合わせ
  sanpei01@nikkankeiba.co.jp

詳しくはこちら≪有限会社三平印刷所≫をご覧ください。