トップページ

中山5日目
11R ターコイズステークス
《波乱含みのハンデ重賞》
 2走前の関屋記念では古馬を撃破しているプリモシーン55。牝馬相手のGVで得意の千六なら重賞3勝目の期待も高まる。フローレスマジック54は強豪牡馬相手に連勝してOP入り。もともと素質は高く、重賞での実績もあり今回も有力。フロンテアクイーン55はGT馬相手に僅差だった2走前が好内容。GVなら力は上位、重賞初制覇なるか。さらに、連勝中のカイザーバル53、ディメンシオン53、連覇狙うミスパンテール56、芝に戻すカワキタエンカ55あたりも侮れず、圏内は混戦ムード。

中山6日目
11R ディセンバーステークス
《安定性高いプロディガルサン》
 2走前に3年ぶりの勝利で再度OP入りしたプロディガルサン。前走も好時計決着を僅差5着、力通用は明らかで引き続き注目。昨年ヴィクトリアマイルを制して以降冴えないアドマイヤリードだが、2走前の上がりは32秒7。決め手は確かで、OP特別なら初の中山でも要注意。昨年の当レース、1年10ヶ月ぶりに復帰し5着と力を見せたハートレー。前走大敗も二六→千八と条件は好転、復活なるか。他では、昨年の覇者マイネルハニー、立て直したアストラエンブレム、崩れないナイトオブナイツあたりも上位進出を狙う。

阪神5日目
11R タンザナイトステークス
《傑出馬不在で混戦》
 重賞実績や近況いい馬の多くが回避し、いくぶん小粒なメンバー。こちらも出否未定だがベルーガ53は骨折明けの前走を上々の発進。叩いた上積みも見込め、ここはチャンス。その他では久々になるがライトフェアリー53。昇級後OP特別では2、2着と安定しており、ハンデ1キロ増もここでは地力上位か。重賞→OP特別変わりのコウエイタケル55・ナガラフラワー52・フミノムーン55、距離短縮エントリーチケット52あたりの前進にも注意が必要。

阪神6日目
11R 朝日杯フューチュリティ
    ステークス
《快挙に挑む紅一点グランアレグリア》
 牝馬の身ながら前走サウジアラビアRCで牡馬を一蹴したグランアレグリア。グレード制導入以降、このレースの牝馬による優勝はないが、戦績・走破タイム的に最有力なのは確か。昨年ダノンプレミアムと同じローテーションで無敗の戴冠を目指す。待ったをかけたい牡馬勢では、無敗の重賞ウィナーであるアドマイヤマーズ・ファンタジスト、新潟2歳S覇者ケイデンスコールなどが有力。さらには、もみじSを勝った2戦2勝ニホンピロヘンソン、前走レコードVのマイネルサーパス。距離克服が鍵も力あるアスターペガサス、発馬決まればもう少し差が詰まりそうなドゴールあたりにも注意。

中京5日目
11R 中日日経賞
《傑出馬不在の混戦模様》
 前走ハナ2着ピースマインドは、地力を認めても成績にムラ。伸びしろある3歳勢を重視する手も十分で、昇級戦3着メイケイダイハード、末脚鋭いタイセイソニック、勢い魅力は格上げボーンスキルフル・ロードラズライト。他では、前走でクラス突破のメドを立てたスマートシャヒーン、現級勝ちの実績馬イノバティブ・ブリクスト。グランドボヌールは初の千二でも、4走前千四1分20秒0の内容からスピード通用。大穴なら前走は前が詰まって完全に脚を余したマリエラ。

中京6日目
11R 三河ステークス
《勝ち負け有望スマート》
 同じハンデ戦だった東京の銀嶺S組に注目。内枠を利してイン強襲、ハナ差2着メリートーン52は負担重量1キロ増。3着スマートダンディー57は据え置きのハンデ。外を回るロス・久々の不利を考えれば、今回は着順が入れ替わる可能性も十分。大敗した馬では12着スピーディクール57の巻き返しに注意。殿り追走から上がりは最速、本来は自在型で現級勝ちの地力も上位。他は少し差がありそうだが、はまれば鋭いタガノアム52、ダートに戻るワンダーピルエット51あたり。


特別展望 : 中央編集部






格安「新聞」印刷

個人のお客様も歓迎!
結婚記念日や還暦のお祝いなどにどうぞ。
料金は41000円(税別)からと格安でお請けいたします。一生に一度の記念日に、あなたが1面を飾る素敵な新聞はいかがですか?

その他にもフリーペーパー、個展・コンサート・学園祭などイベントのチラシ、地域コミュニティ紙、各種後援会会報、販促ちらし、学生新聞など予算を抑えつつ大量に必要な場合に最適です。 まずは下記ページをご覧になり、メールにてお問い合わせください。不明な点などがありましたら、丁寧にご説明いたします。

■お問い合わせ
  sanpei01@nikkankeiba.co.jp

詳しくはこちら≪有限会社三平印刷所≫をご覧ください。